トップページ > 先生のためのページ > 「雨えのぐ」でお絵描きしよう

絵画,梅雨

「雨えのぐ」でお絵描きしよう

対象年齢:4歳児,5歳児

 

「雨えのぐ」でお絵描きしよ(4歳児,5歳児)

 

「雨えのぐ」でお絵描きしよ(4歳児,5歳児)

目次

 

材料・用具

●プラスチックカップ ●絵の具 ●画用紙 ●クレパス(または油性カラーマーカー) ●画筆
 

活動のねらい

●雨のしずくを集めて「雨えのぐ」をつくることをきっかけに、雨の日の絵をゆったりと描く。
 

保育の流れ

1.透明のコップに雨のしずくを集めに行く

「雨えのぐ」でお絵描きしよ(4歳児,5歳児)保育の流れ1

雨を集めるといっても、大ぶりの時には濡れてしまい、子どもが風邪をひいてしまいます。

雨が小降りの時か、雨が止んで間もない時間帯に

園庭の遊具や葉っぱから落ちるしずくを集めるのがいいでしょう。

 

コップいっぱいに集めなくても、雨のしずくを少量集め

そこに絵の具を入れる時に水をいれて分量を調整しましょう。

 

2.集めた雨のしずくに絵の具で色をつける

透明プラスチックコップに集めた雨のしずくに、好きな絵の具を入れる。

一人ずつ好きな色をつくる。

 

3.画用紙に、雨の日のことを想像して絵を描く

クレパスで自由に絵を描く。

 

※「雨の日の絵」というテーマで行う場合は、別の紙でつくった傘のパーツを用意しておき

それを貼ることをきっかけに、描画を楽しんでもよいでしょう。

 

4.描いた絵に、「雨えのぐ」で雨を降らせる

「雨えのぐ」でお絵描きしよ(4歳児,5歳児)保育の流れ2

「雨えのぐ」で雨を描いたり、好きなものを描く。

 

※もし、外に雨が降っている場合は、窓を開けて雨の音を聞きながら

ゆったりと描画の時間を楽しみましょう。

 

完成作品例

「雨えのぐ」でお絵描きしよ(4歳児,5歳児)完成作品例1「雨えのぐ」でお絵描きしよ(4歳児,5歳児)完成作品例2「雨えのぐ」でお絵描きしよ(4歳児,5歳児)完成作品例3

雨の色を青や緑色を混ぜてつくっています。しずくを集めた木の葉っぱも描いています。

雨が降る様子を身振り表現で表しました。勢いのある水しぶきで表しています。

雨の日に遊んだことや、お家の人と車で出かけたことなどを表しました。

「雨えのぐ」でお絵描きしよ(4歳児,5歳児)完成作品例4「雨えのぐ」でお絵描きしよ(4歳児,5歳児)完成作品例5

大きな傘の下に仲良しのお友達を描きました。傘にも雨えのぐで模様を描きました。

自分で傘の形に紙を切って、貼りました。水たまりも描きました。

保育者の声

●雨が降っている日、雨の音を聞きながら少人数でお絵描きをするときに向いています。

 

●クレパスで絵を描いた後、雨えのぐで雨を描くことをとても楽しんでいました。

ここがいいね

●「雨で絵を描く」という非日常性が、子どもたちをワクワクさせます。

 

●たくさん雨を集めなくても、雨のしずくを少し入れるだけで、いつもの絵の具とは異なった感覚を覚えます。

 

●絵を描くきっかけとして「雨」素材を使いましたが、他にも、「傘」を貼ることによって、子どもたちはよりスムーズに表現できると思います。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:栗山 誠

 

関連コンテンツ

あじさいを描こう(4歳児)お話の絵「しずくのぼうけん」(4歳児)あめふり たのしいね!(4歳児,5歳児)

あじさいを描こう(4歳児)

お話の絵「しずくのぼうけん」(4歳児)

あめふり たのしいね!(4歳児,5歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材