トップページ > 先生のためのページ > 階段アートのやり方

階段アートのやり方へ図画工作

階段アートのやり方

階段アートは階段の蹴上げ(たて面)に絵を描いたものです。普段は殺風景な階段を鮮やかに飾ります。

学校祭、文化祭、運動会、学芸会、入学式、卒業式、地域交流などのイベント行事にピッタリです。

 

 

階段アートの作品例

階段アートにチャレンジ

サクラ階段アート用シール

サクラの階段アート用シールは、階段の段差の高さ分の切り目が入った大きな

合成紙シール(幅1,600mm×高さ135mm/1段、1シートで階段4段分)です。

シールに絵を描いて、切り面に沿ってシールをはがし

階段のたて面に貼れば簡単に階段アートが楽しめます。

約2ヶ月間、学校や地域の階段を共同制作によって彩ることができます。

 

 

材料・準備するもの

サクラ階段アート用シールニューサクラカラー600ml(アクリル系絵の具)パレット

ふで

 

 

刷毛

 

 

 

筆洗い

ぞうきん新聞紙

サクラ

階段アート用シール

ニューサクラカラー600ml

(アクリル系絵の具)

パレットふで刷毛筆洗いぞうきん新聞紙

 

 

作り方

階段アート製作手順①                階段アート製作手順②

サクラ階段アート用シールを大きなキャンパスとして、サクラニューカラーを使って絵を描きます。

階段の蹴上げ(たて面)の横幅が1,600mm以上ない場合は寸法に合わせて

予めシールの幅を切断してください。

シールに巻きグセがついている場合は、両端を仮止めして描写してください。


 

階段アート完成図

絵が乾燥したら1段ずつシールをはがして階段最上段の蹴上げ(たて面)から

貼っていってください。

 

シールを貼る前に階段の蹴上げ(たて面)のゴミやほこりを

取り除いてください。

 

下部の隙間は絵の連続性を阻害することは少ないため、階段には上部の隙間部分を少なくするように上端から貼ってください。絵の連続性が高まります。

 

完成作品一覧

 
階段アート完成作品①階段アート完成作品②

 

 

注意点

コンクリート、磁器タイル、Pタイルにご使用ください。

塗装面へ貼らないでください。剥がしたときに塗装も剥がれる場合があります。

下地の凹凸がきつい場合は剥がれる場合があります。養生テープなどで補強してください。

シールの除去後、糊が残った場合は、サクラ固形クリーナーを塗り、ふき取ってください。

 

関連コンテンツ

彫刻刀の種類と使い方(版画の基本)

彫刻刀の種類と使い方

(版画の基本)

彫刻刀の種類と使い方(版画の基本)
クレパス版画

版画のやり方(単色木版画)版画のやり方(単色木版画)

 

 

使用する教材