【SSL v3.0 の脆弱性の対応について】

 

  平素はエデュースをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

 
先般、インターネット通信で使用する暗号化方式「SSL v3.0」において脆弱性が発見され、通信内容の一部が第三者に漏えいする可能性があることが発表されました。
 
この脆弱性への対応策として、当ウェブサイトは、SSL v3.0による通信を無効化(停止)いたします。
 
ブラウザのセキュリティ設定によっては、当ウェブサイトへアクセスできなくなる可能性がございます。
そのような場合には、以下に記載の方法で、SSL v3.0を無効化し、当社のウェブサイトを引き続きご利用いただくことが可能になります。
 
1. Internet Explorer の [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします。
2. [インターネット オプション] ダイアログ ボックスの [詳細設定] タブをクリックします。
3. [セキュリティ] カテゴリで、[SSL 3.0 を使用する] チェック ボックスをオフにし、[TLS 1.0 を使用する]、[TLS 1.1 の使用]、および [TLS 1.2 の使用] チェック ボックスをオンにします (使用可能な場合)。    
4. 注:連続するバージョンを確認するのが重要です。連続するバージョンを選択しないと (例: TLS 1.0 および TLS 1.2 を選択し、TLS 1.1 を選択しないなど)、接続エラーが起こる可能性があります。
5. [OK] をクリックします。
6. 終了し、Internet Explorer を再起動します。
 
詳細は下記をご覧ください。
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/3009008#ID0EBG
 
 
今後とも当ウェブサイトを引き続きご利用いただきますようお願い申し上げます。