クイックオーダー
商品を探す お問い合わせ



FAXオーダーシート・返品依頼書のダウンロードはこちら。

貯めて、使える!eポイントキャンペーン貯めて、使える!eポイントキャンペーン

お買い上げ金額に応じてeポイントを進呈!貯めたポイントで素敵な景品と交換!

商品の探し方や注文方法、その他便利機能をご紹介します。

エデュースに多く寄せられる質問とその回答をご紹介。

エデュースへのご意見・ご要望をお聞かせください。

お得な情報をいち早くお届けします。

エデュースの最新情報をいち早くお届け!

エデュース公式Twitter @2001_educe


エデュース
Vol.22
プチエデュース
Vol.13

クイックオーダー

保育園・幼稚園の先生方へ

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEに送る

お話の絵「わたしのワンピース」製作遊び

 
絵画
 
通年
対象年齢 :
3歳児 , 4歳児 , 5歳児


目次



  1. 材料・用具
  2. 事前準備
  3. 保育の流れ
  4. 完成作品例
  5. 関連コンテンツ
  6. その他コンテンツ

材料



●画用紙 ●クレパス ●ボンドタッチ(またはのり)
●のり台紙(新聞紙など) ●絵本「わたしのワンピース」(西巻茅子作、こぐま社刊)

事前準備



●台紙用の色画用紙を16切サイズに切っておく。
●ウサギの顔・ワンピース・手足の各パーツをつくっておく。(3,4歳児のみ。5歳児は自分で製作する。)


保育の流れ



1.絵本「わたしのワンピース」を読み、内容について話し合う


完成作品例を見せる。
◆作品例を見せることで、活動に対する意欲や期待感を高める。

T「ワンピースの模様がかわいかったね」
C「お花がいっぱいだったよ!」
C「虹がすごかった!」

T「先生も、こんな模様を考えてみたの」
C「私も、お花の模様を描きたい !」
C「ぼくは、リンゴの模様を描くよ !」
C「私は♪を描くよ」


2.画用紙をちぎって、ウサギとワンピースのパーツをつくる


※3歳児,4歳児の活動の際には、保育者が事前につくっておきましょう。


3.自分が考えたワンピースの模様をクレパスで描く


ワンピースに模様を描く。
◆描きたい模様が思いつかない子どもには、一緒に絵本を見ながら、具体的な模様のヒントを伝える。

T 「ワンピースに自分が考えた模様を描きましょう」
C「ぼくは、車の模様を描くよ!」
C「私は、お花の模様!」

※ワンピースの模様には、いろいろな線で描く模様・〇△□♪などの記号の模様・花やリンゴ・小鳥などの具体的な形の模様などがあります。それぞれが素敵な模様になります。

ウサギの顔のパーツに目や口を描く。
T「ウサギの顔も描きましょう」


4.ワンピースとウサギの体のパーツを貼り合わせて、台紙に貼る


◆紙の端まで丁寧にのりづけができているかどうかを、自分で見直すように伝える。

色画用紙の台紙の上に、ウサギの顔・ワンピース・手・足を、いろいろなポーズをしているように置いて構成してみて、どのような動き (ポーズ)をしているウサギにするかを考える。

※首・手・足のつなぎ目が、ワンピースの下に隠れるように貼りましょう。

※台紙にクレパスで絵を描き加えてもいいでしょう。


完成作品例



ウサギさんは、お花の服を着て楽しそうに跳んでいるよ!


雪の模様を描いていたら、雪だるまさんも描きたくなったよ !


大好きなニンジンを食べながら、飛び跳ねているよ !


手でこすったら、ステキな模様になったでしょ!


いろいろな模様のワンピース、かわいいな!


渦巻きグルグル、描くのが楽しかったよ!


しっかり塗りこんだら、ステキな模様になった!


線でいろいろな模様を描いていったら、ワンピースの模様になったよ!


保育者の声



  • ひとつのワンピースの模様を描き終えると、次のワンピースの模様と、何枚もワンピースの模様をつくることができます。子どもたちは、模様によってワンピースの雰囲気が変わることがおもしろかったようで、着せ替え感覚で遊んでいました。
  • 男の子の場合は、Tシャツやセーターの模様を描く設定にしても良いと思います。この場合は、ウサギの顔ではなく、自分の顔と手・足・ズボンなどをつくって貼ると、模様あそびを楽しむことができます。(保育実践集「線あそびで服をつくろう」参照)
  • 日頃から、線あそびでいろいろな種類の模様に親しむ機会をつくっていたので、形にあわせて自分で模様を考えられるようになっていました。
  • 園の生活では、絵本を視聴した後に「楽しかったね!」と、次の遊びに移ることが多いですが、絵本の続きの楽しい活動を展開できました。

  • 「わたしのワンピース」の絵本には、花・小鳥・雨・虹などの様々なかわいい模様のワンピースが次々に紹介されています。
  • 子どもたちが、その絵本のワンピースの模様をきっかけに、自分が考えたワンピースの模様を描いていくのは、まるで着せ替えあそびのような感覚で、ワンピースの模様づくりを楽しむことができます。 しかし、子どもの中には、「模様が描けない」「どのように模様を描けばいいの?」と、描き方が分からず、困ってしまう子どももいます。
  • 子どもたちが「素敵な模様を描こう!」「自分で考えた模様を描きたい!」と、意欲的に取り組めるようにするためには、どのような工夫が必要なのかを考えてみましょう。

関連コンテンツ