トップページ  >1人1台端末環境!GIGAスクール構想

1人1台端末環境!GIGAスクール構想

前倒しになったGIGAスクール構想について基本情報をチェック!

特集ページ画像

文部科学省が計画している、義務教育を受ける児童生徒のために1人1台の
学習者用PCや高速の通信ネットワークを整備する「GIGAスクール構想」
プログラミングなどICT教育を進めるためにも必要不可欠なこの計画の
基本情報と、周辺機器や整理アイテムをピックアップします。

――― 「GIGAスクール構想」についての情報を確認! ―――

GIGAスクール構想って何?見出し

GIGAスクール構想とは、次のような構想です。

「1人1台端末と、高速大容量の通信ネットワークを具体的に整備することで、特別な支援を必要とする子どもを含め、多様な子どもたちを誰一人取り残すことなく、公正に個別最適化され、資質・能力が一層確実に育成できる教育ICT環境を実現する」
「これまでの我が国の教育実践と最先端のICTのベストミックスを図ることにより、教師・児童生徒の力を最大限に引き出す」

文部科学省「(リーフレット)GIGAスクール構想の実現へ」より


つまり簡単に言うと、「1人1台の端末とネットワークを普及させ、デジタル技術を活用した質の高い教育環境を実現する」ということですね。

では、実際に現在の学校でのICT(Information and Communication Technology=情報通信技術)の整備状況や活動状況はどうなっているんでしょうか?表をご覧ください。

●現状

【!】学校のICT環境整備状況は脆弱かつ危機的な状況

学校のICT環境整備状況は脆弱であるとともに、地域間での整備状況の格差も大きい危機的な状況にあります。

img1

【!】学校におけるICT利活用は世界から後れを取っている

学校の授業におけるデジタル機器の使用時間は、OECD加盟国で最下位となっています。

img2

【!】子どもの学校外でのICT使用は「学習外」が多くを占める

学校外でのICT利用は、学習面ではOECD平均以下、学習外ではOECD平均以上です。

img3

文部科学省「(リーフレット)GIGAスクール構想の実現へ」をもとに作成


⇒異なる地域での整備状況の格差が大きく、なんと授業におけるデジタル機器の利用時間はOECD加盟国で最下位というデータもあるんです!

ページの先頭へ戻る▲

具体的にいつまでに何をすればいいの?見出し

⇒本構想の指針はこちらです。

「児童生徒1人1台コンピュータを実現(1台当たり4.5万円を補助。令和5年度までに、小中全学年で達成)」

文部科学省「「児童生徒1人1台コンピュータ」の実現を見据えた施策パッケージ 」より


ただし、今回の構想はネットワーク整備を前提としたもの。そのため、「1人1台端末の整備事業」と「校内ネットワーク整備事業」は原則的には※ワンセットです。

※ネットワーク整備事業を新規に行わなくても、学校が1人1台端末環境に耐えうる環境である場合は「1人1台端末の整備事業」の補助の前提となります。

そして、校内ネットワーク整備事業の実施を令和3年度以降に計画している場合、「公立学校情報通信ネットワーク環境施設整備費補助金」を受け取ることができません!
⇒そのため、早めに整備を実施する必要があるのです!

※2020年10月15日現在の情報

文部科学省「GIGAスクール構想」Q&A(令和2年2月20日時点)」をもとに作成


⇒周辺機器や備品に対しての補助金は給付されませんが、ネットワーク整備事業、1人1台端末の整備事業に対しての補助金の支給には期限があるため、早めの導入に合わせて周辺機器や備品も合わせて購入しておくと安心です!

ページの先頭へ戻る▲

必要な備品って何?見出し

⇒PC端末の配線コードを束ねる「コード整理用バンド」や鍵付き収納棚などの「セキュリティ用品」、ファイルボックスなどの「収納用品」、持ち帰りのための「ケース」や「バッグ」が必要になることが予想されます。
 

★エデュースでお取扱いしているGIGAスクール構想準備にピッタリの商品はこちら!★

周辺機器

タブレット関連用品

持ち運びもしやすく、GIGAスクール構想の端末として活躍しているタブレット。
iPad用のケースや、スタンド、タッチペン、充電器などの周辺機器を集めました。

商品をCHECK!

マウス・キーボード・WEBカメラ・ヘッドセット

PCを使うのに便利な周辺機器はこちらから。
WEBカメラやヘッドセットなど、インターネットでコミュニケーションを取るためのアイテムも販売中です。

商品をCHECK!

クリーニング用品

故障の原因にもなるため、機器のお手入れは欠かせません。
エアダスターやウェットティッシュなどで、いつでも機器を清潔に保ちましょう。

商品をCHECK!

ハブ・変換アダブタ・ケーブル・コンセント

機器同士の連携や、ネットワークに繋ぐための大事なアイテム。
データのやり取りをスムーズに行うために揃えておきましょう。
USB Type-CとUSB Aの変換アタプターなどもあると便利です。

商品をCHECK!
ページの先頭へ戻る▲

セキュリティ用品

保管ボックス

A4サイズのファイルも収納できるサイズの保管ボックス。
大事なデータを保存したメモリーカードなどを保存できます。
また、スポンジ付きで保管したものを衝撃から守ります。

商品をCHECK!

タブレット収納キャビネット・キャリー

11インチのタブレットが20台まで収納できるキャビネットや、タブレットの持ち運びに便利なキャリーが登場!
保管場所をきちんと確保して、タブレット機器の管理をしましょう。

商品をCHECK!

ワイヤーセット

パソコン本体やディスプレイに取り付け可能なワイヤーセット。
本体や周辺機器の盗難やデータの抜き取りの防止ために備えておきましょう。

商品をCHECK!

鍵付き収納棚

機器の保管は万が一盗難に備えて鍵付きのものがおすすめ。
引き戸型や両開き型など施設のスタイルに合わせて組み合わせができるタイプの収納棚です。

商品をCHECK!
ページの先頭へ戻る▲

収納・整理用品

ファイルボックス

機器を整理するキャビネット内の整理整頓に。PCと周辺機器を1人分ずつ収納できます。
カラーも豊富で、学年ごとにカラー分けして保管することもできます。

商品をCHECK!

デスクトレー

PCとコードや周辺機器をまとめて収納できるデスクトレー。
1人ずつ必要な周辺機器をまとめておけば、授業中に必要なアイテムが必要な時に取り出しやすくなります。

商品をCHECK!

ブックエンド

キャビネット内の整理の仕切りとして活躍します。
タテ・ヨコで自由に使えるタイプや、滑り止めがついているタイプも。
キャビネットのサイズに合わせて選んでください。

商品をCHECK!

キャリングバック

施設内の機器の移動に。A4サイズのファイルも収納でき、収納スペースも十分に確保されています。
また、A4のファイルボックスと組み合わせても使えます。

商品をCHECK!

コード整理用バンド

たくさん使うコードやケーブルは整理してきちんと管理を。
コードや配線の整理におすすめの結束バンドやマジックバンド、たばねバンドでコードが絡まらないようにきちんと止めておきましょう。

商品をCHECK!

クリアケース

コードやマウスなどの周辺機器をひとまとめにしておけるメッシュのケース。
周辺機器などの整理するアイテムにあわせて、マチ付きタイプも選べます。

商品をCHECK!

ヘッドホンスタンド

挟むだけで簡単に取り付けができる、スタンドとしてもフックとしても使える2WAYタイプの回転式ヘッドホンスタンド。
ヘッドホンを使用するときにあったら便利なアイテムです。

商品をCHECK!
ページの先頭へ戻る▲