トップページ > 先生のためのページ > 青い種から

絵画,秋

青い種から

対象年齢:5歳児

 

青い種から(5歳児)

 

青い種から(5歳児)

目次

 

材料・用具

●脱脂綿 ●ポスターカラー(青、赤、緑、白) ●筆 ●画用紙(4つ切り、白) ●溶き皿

 

●マーカー ●種(ルッコラ等の暗所育成植物) ●牛乳パック
 

活動のねらい

●種から育てた植物の成長の様子を描く。
 

事前準備

●種を育てる容器となる牛乳パックを置く場所を確保しておく。
 

保育の流れ

1.牛乳パックで種を入れる入れ物をつくる

青い種から(5歳児)保育の流れ1

T「青い種をもらったよ」

T「水だけで1週間で育つ不思議な種だよ」

T「牛乳パックの上の部分を切って、種を育てる容器をつくろう」

 

2.水をたっぷりとふくませた脱脂綿の上に種をまき

   どんな植物が育つか想像してペンで容器に描く

青い種から(5歳児)保育の流れ2

◆1週間の間は、絶対覗かないことを子どもと約束する。

(開けた時の感激がひとしおです。)

 

T「種を蒔いたら暗くするために屋根をつけよう」

T「屋根にはどんなふうに育つか想像して描いてみよう」

C「いろんな色の花が咲くよ」

C「どんな風に育つか来週が楽しみだな」

 

3.育った芽を見ながら、絵の具で描く

青い種から(5歳児)保育の流れ3

容器を開ける。

T「どんな風に育ったかな?それでは開けてみましょう」

C「早く見てみたいな!」

C「見て見て!こんなに長くなっているよ!」

T「とてもよく育っているね!」

 

芽の様子を描く。

T「それではその様子を絵に描いて残しておきましょう」

 

完成作品例

青い種から(5歳児)完成作品例1青い種から(5歳児)完成作品例2

「ちゃんと育ちますように」

種の殻や茎の曲がり具合まで 良く描けていますね。

保育者の声

●小さい青い種が子どもたちの想像を広げ、楽しそうに想像図をかいていました。

 

●一週間待ちきれないようで毎日そばに行って眺めていました。

 

●開けた時の喜びは大変なものでした。

 

●絵に描いた後、サラダにして美味しくいただきました。

ここがいいね

●実際に種から育てたのが何より良いところですね。

 

●一週間待っている間の子どもたちの様子が目に浮かびます。

 

●楽しみにしていたからこそ、本当に細かいところまでじっくり観察できていますね。

 

●体験がよい絵を生むということがよくわかります。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:石賀 直之

 

関連コンテンツ

春の草花でアートしよう(4歳児,5歳児)

春の草花でアートしよう(4歳児,5歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材

印は軽減税率適用商品になります。