トップページ > 先生のためのページ > 折り紙「雪だるま」

保育製作,冬

折り紙「雪だるま」

対象年齢:3歳児

 

折り紙「雪だるま」(3歳児)

 

折り紙「雪だるま」(3歳児)

目次

 

材料・用具

●白の色紙 ●雪だるまの帽子の色画用紙(6色) ●紺の色画用紙(八つ切り) ●クレパス ●ポスターカラー

 

●はさみ ●のり ●のり台紙 ●手拭き
 

活動のねらい

●色紙で雪だるまを折ったり、タンポで雪スタンプをして冬を感じて楽しむ。
 

事前準備

●帽子の色画用紙には、はさみで切る時の線をひいておく。
 

保育の流れ

1.色紙で雪だるまを作る話を聞く

折り紙「雪だるま」(3歳児)保育の流れ1

見本(完成作品)を見せる。

◆出来上がりを見せることで、取り組めるようにする。

 

T「今日は雪だるまを色紙で折るよ」

T「この雪だるまさん、お空から雪がいっぱい降ってきているね」

C「わあ!ほんとだ!」

T「みんなも雪が降ってきて喜んでいる雪だるまさん、作ろうか」

C「うん!」

 

2.雪だるまを折る

折り紙「雪だるま」(3歳児)保育の流れ2

保育者が子どもたちから見やすい位置に立って折り方を説明する。

◆保育者が実演をして説明をすることで、活動内容を明確に理解できるようにする。

◆作り方の確認を、子どもたちに問いかけることで、しっかりと認識できる。

◆折り紙の形などを伝える時は、具体的な比喩表現をすることで、理解しやすくする。

 

○半分(縦長になるように)に折る。

T「まず、色紙を半分に折って、長四角にするよ」

T「角と角をしっかり合わせてね」

T「そして折ったらしっかりアイロンしてね」

 

○さらに半分(正方形になるように)折る。

T「次に、もう一回半分に折って、今度はサイコロみたいにしてね」

T「それを開いてみると、折った線がついているね」

C「本当だ!バツの線がついている!」

 

○折り目に合わせて、角を中心に折る。

T「この線に合わせて三角に折っていくよ」

T「するとほら。お弁当箱みたいな四角になったね」

 

○角を小さく折り、形を整える。

T「でも、雪だるまさんって四角いかな?」

C「ううん!まるいよ!」T「そうだね。なので、四つの角を小さく折ってみます」

T「そうすると、雪だるまさんのできあがり」

T「では、折ってみよう」

C「はーい!」

 

3.雪だるまの帽子を作る

帽子用の色画用紙の中から、好きな色を選ぶ。

◆複数の色を用意することで、子どもが好きな色を自由に選択できるようにする。

 

T「雪だるまさんはね、帽子をかぶっているんだよ」

T「色々な色の帽子があるから、好きな色を一つ選んでね」

C「はーい!」

 

折り紙「雪だるま」(3歳児)保育の流れ3

はさみで切って、帽子の形を作る。

◆はさみを使う前に、全体で持ち方を全体でしっかり確認する。

◆一人ひとりはさみの持ち方や、しっかり切れているかを見守り、援助を行う。

◆出来たことを認め肯定することで達成感、満足感が感じられるようにする。

 

○はさみの使い方を確認する。

T「はさみの持ち方はどうだったかな?」

T「お父さん指、お母さん、お兄さん、お姉さん指を入れるよ」

T「そしてこの線に沿って切っていくと、ほら!」

C「わあ!プリンみたい!」

T「本当だね。みんなも上手に切って、プリンの形にしてね」

C「はーい!」

 

○はさみで切る。

C「先生、切れたよ!見て!」

T「上手に切れたね!きれいなプリンの形をしているね!」

 

4.クレパスで雪だるまの顔を描き、台紙にのりでけ貼る

折り紙「雪だるま」(3歳児)保育の流れ4

クレパスで雪だるまの顔を描く。

T「次に、みんなの雪だるまさんにお顔を描いてあげてね」

T「先生みたいに、体にボタンを描いてもいいよ」

 

折り紙「雪だるま」(3歳児)保育の流れ5

台紙にのりで貼る。

◆問いかけながら説明することにより、理解を深められるようにする。

 

T「描けたら、裏にのりをつけてお空(台紙)に貼ってね」

T「貼る時は、必ず体から貼ります」

T「体を後から貼ると、雪だるまさんのお口が隠れてしまうよ」

 

T「貼る場所だけど、上の方に体を貼ったらどうなるかな?」

C「お顔が、貼れない!」

T「そうだね。体は下の方に貼る方がいいね」

 

T「そして、帽子を頭の上に貼ります。」

T「クレパスで雪だるまさんの手も描いてあげようか」

C「はーい!」

 

5.台紙の空間に、タンポで雪のスタンプをして仕上げる

雪のスタンプをする。

T「のりで貼れたら、このタンポでポンポンとお空に雪を降らせてね」

 

出来た作品を鑑賞する。

◆出来た作品に共感し肯定していくことで、作った喜びを感じられるようにする。

T「たくさん雪が降っていて、雪だるまさん、嬉しそうだね」

 

完成作品例

折り紙「雪だるま」(3歳児)完成作品例1折り紙「雪だるま」(3歳児)完成作品例2折り紙「雪だるま」(3歳児)完成作品例3
折り紙「雪だるま」(3歳児)完成作品例4折り紙「雪だるま」(3歳児)完成作品例5

保育者の声

●冬らしい季節感あふれる題材を選んだ。

 

●雪が白なだけに、帽子の色紙は複数の色から好きな色を選択できるようにし、より個性を出せるようにした。

 

●タンポで絵の具のスタンプをしたが、たくさん吹雪のようにスタンプをおす子、ポンポンとまばらにおす子などタンポだけでも大いに個性が出た。

 

●はさみで切る、雪だるまの帽子が少し小さく、上手く切れるか心配していたが、線に沿ってつなげて上手に切れていたので感心した。

ここがいいね

●色紙を折って雪だるまを折る場面からは、丁寧に紙を折って作る力が育ってきていることが伺えます。

 

●見通しをもって制作することも、保育者が行程毎に確認しなくても子ども自身が自分で記憶することで進めることで出来るようです。また、タンポを最後に押すということが活動のアクセントになっており、子どもたちの意欲が高まっているように感じました。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:淺野 卓司

協力園:駒方保育園

 

関連コンテンツ

おりがみ「いちご」(3歳児)折り紙「海のともだち①たこ」(3歳児)折り紙「海のともだち②魚」(3歳児)折り紙「おひなさま」(5歳児)

おりがみ「いちご」(3歳児)

折り紙「海のともだち①たこ」(3歳児)

折り紙「海のともだち②魚」(3歳児)

折り紙「おひなさま」(5歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材