トップページ > 先生のためのページ > 生活画「あめふり」

絵画,梅雨

生活画「あめふり」

対象年齢:5歳児

 

生活画「あめふり」(5歳児)

 

生活画「あめふり」(5歳児)

目次

 

材料・用具

●画用紙 ●コンテ
 

活動のねらい

●コンテの性質を理解し、イメージをふくらませて表現する。
 

事前準備

●コンテで汚れてもよい服に着替えておく。

 

●活動をする場所にブルーシートなどを敷き、画板を用意しておく。

 

●画用紙の色は、白、ピンク、水色などを用意しておく。
 

保育の流れ

1.雨の日の様子を連想する。

◆雨の日について話し合うことで、雨の日の様子を連想する。

 

T「昨日は雨が降っていたね。雨の日が好きな人?」

C「えー嫌だ」

C「だって外で遊べないもん」

 

T「そうだね。でも雨が好きな生き物さんもいると思うよ」

C「カエル」

T「あ!そうだね。他は?」

 

C「僕は好きだよ。だって水たまりとか面白いもん」

C「それ私も好き!長靴で入ったことある」

T「雨の日しか長靴は履けないものね」

 

T「では、今日は雨の日の絵を描いてみよう」

 

2.雨に関するものを子どもたちと話し合い、コンテを使って描く

コンテでの色々な描き方を説明し、どの描き方で描くかは各自が決める。

◆3つの方法を具体的に説明して描く。

 

T「今日はコンテの使い方は3つの方法があるの。どの方法で描くか自分で決めましょう」

 

(コンテでの描き方の種類)

生活画「あめふり」(5歳児)保育の流れ1

① 好きな色を使って描く。(多色描き)

 

生活画「あめふり」(5歳児)保育の流れ2

② 黒だけで描く。(単色描き)

 

生活画「あめふり」(5歳児)保育の流れ3

③ 黒で描いてから好きな色で塗る。(単色描き+多色塗り)

 

雨の日について話し合う。

◆子ども一人ひとりの思いを受け止め、発想を広げる。

◆子どもの雨の日の普段の様子を思い出せるように声掛けをする。

 

C「先生!見て。僕はレインコートを着てるよ」

T「レインコートも雨の日にしか着れないもんね」

 

C「あじさいのところにカエルがいるの」

C「水たまりも描かないと!」

 

T「雨はどこから降ってくるのかな?」

C「空」

C「違うよ。雲から降ってくるんだよ」

T「よく知っているね」

 

こすることで色が変化するコンテの特色に気付かせる。

C「水たまりをこすったら、水みたいになったよ」

T「本当だね。コンテはこすると面白いね」

 

完成作品例

生活画「あめふり」(5歳児)完成作品例1生活画「あめふり」(5歳児)完成作品例2生活画「あめふり」(5歳児)完成作品例3

多色描き

単色描き

単色描き+多色塗り

生活画「あめふり」(5歳児)完成作品例4生活画「あめふり」(5歳児)完成作品例5生活画「あめふり」(5歳児)完成作品例6

多色描き

単色描き

単色描き+多色塗り

保育者の声

●子どもの発想を生かして個性を出すことができた。

 

●色の塗り方の丁寧さを伝えなければならなかった。

 

●3つの描き方を伝えて自由に描いたが、それぞれの方法の味があり面白かった。

ここがいいね

●コンテ画の指導の特徴を生かしていますね。

 

●単色描き、多色描きという材料の使い方で、同じ題材にそれぞれの良さと変化が見られます。

 

●表現の中で、特に傘の形の捉え方にそれぞれの特徴がみられ、楽しい絵になっています。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:舟井賀世子

協力園:八田荘こども園

 

関連コンテンツ

お話の絵「しずくのぼうけん」(4歳児)あじさいを描こう(4歳児)絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ(4歳児)

お話の絵「しずくのぼうけん」(4歳児)

あじさいを描こう(4歳児)

絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ(4歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材

印は軽減税率適用商品になります。