トップページ > 先生のためのページ > カタツムリをつくってお散歩しよう!

保育製作,梅雨

カタツムリをつくってお散歩しよう!

対象年齢:3歳児

 

カタツムリをつくってお散歩しよう!(3歳児)

 

カタツムリをつくってお散歩しよう!(3歳児)

目次

 

材料・用具

●三角クーピーペンシル ●両面テープ ●PP細ひも ●画用紙
 

活動のねらい

●カタツムリの殻に絵を描いて、オシャレな殻をつくることを楽しむ。
 

事前準備

カタツムリをつくってお散歩しよう!(3歳児)事前準備1
●4つ切り画用紙を幅7,5cmの幅に切って、カタツムリの殻を作っておく。

 

●葉の上に乗ったカタツムリの体を作っておく。(殻をつけていない状態。)

生活体験・生活環境

●本物のカタツムリを見たり、童謡「かたつむり」を歌ったりしている。
 

保育の流れ

1.本物のカタツムリを見て、歌を歌う

本物のカタツムリを見る。

T「これは何かな?」

C「カタツムリだ!」

 

童謡「かたつむり」を歌う。

カタツムリをつくってお散歩しよう!(3歳児)保育の流れ1

T「みんなでカタツムリの歌を歌いましょう」

 

2.オシャレなカタツムリをつくる話をする

◆保育者がつくった完成作品例を見せることで、興味を高める。

 

T「こんなおしゃれなカタツムリさんをつくってみたよ」

C「かわいい!私もつくりたい!」

T「では、みんなでつくってみようか」

C「やったー!!」

 

3.殻用の画用紙にクレパスで絵を描く

カタツムリをつくってお散歩しよう!(3歳児)保育の流れ2

色々な模様の描き方を紹介する。

◆保育者が実際に描いて説明することでわかりやすく伝え、活動に対する期待を高める。

◆丁寧にゆっくりと描くように伝える。

 

T「この紙に、いろいろな線を描いてみましょう」

T「丸い模様を描いてもいいね」

T「ゆっくり ゆっくり丁寧に描くよ」

 

カタツムリをつくってお散歩しよう!(3歳児)保育の流れ3

好きな色の画用紙を選び、画用紙に模様を描く。

 

◆子どもたちの工夫や表現を受け止め、共感する。

◆絵だけでなく、描き方などの取り組む様子にも目を向ける。

 

C「ゆっくりゆっくり」

T「丁寧に描けているね」

 

T「いろんな色のきれいな線が描けたね」

T「どんな模様にしてもいいよ」

 

4.カタツムリの体に殻をつける

殻の画用紙を丸めて両面テープでつける。

T「みんな素敵な殻ができたね」

T「カタツムリさんにつけてあげましょう!」

C「かわいいカタツムリさんができた!」

 

5.カタツムリにひもをつけ、散歩あそびをする

カタツムリをつくってお散歩しよう!(3歳児)保育の流れ4

葉っぱの部分にひもをつける。

出来上がったカタツムリを連れて散歩あそびをする。

 

完成作品例

カタツムリをつくってお散歩しよう!(3歳児)完成作品例1カタツムリをつくってお散歩しよう!(3歳児)完成作品例2カタツムリをつくってお散歩しよう!(3歳児)完成作品例3
カタツムリをつくってお散歩しよう!(3歳児)完成作品例4カタツムリをつくってお散歩しよう!(3歳児)完成作品例5

保育者の声

●子どもたちは、思い思いの色で線や丸を描いていた。

 

●友だちが描いている線の模様を見て、真似て描いている子どももいた。

 

●できた線の模様は、それぞれその子らしい線になっていて、微笑ましかった。

 

●できた殻をカタツムリにつけると、大喜びでカタツムリを連れて散歩に出かけていた。

ここがいいね

●カタツムリの殻に線を描いてオシャレにしてあげようという設定がとても楽しかったようですね。

 

●また、カタツムリの殻の模様は、どのような線になっても良いので、描くことが苦手な子どもたちも安心して取り組むことができます。

 

●でき上がったカタツムリを連れて散歩に出かけるという設定も、とても楽しかったようです。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:大阪児童美術研究会

協力園:岩田 良子

 

関連コンテンツ

カラフルなカタツムリをつくろう!(2歳児,3歳児)絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ(4歳児)

カラフルなカタツムリをつくろう!(2歳児,3歳児)

絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ(4歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材

印は軽減税率適用商品になります。