トップページ > 先生のためのページ > 色水遊び

保育遊び,夏

色水遊び

対象年齢:3歳児,4歳児,5歳児

 

色水遊び(3歳児,4歳児,5歳児)

 

色水遊び(3歳児,4歳児,5歳児)

目次

 

材料・用具

●粉えのぐ ●プラスチックカップ(小) ●割り箸 ●ストロー ●ペットボトル容器

 

●フィルムケース ●インクが出なくなった水性ペンのインク芯 
 

活動のねらい

●色水をつくることを楽しむ。

 

●単色の美しさ、混色の美しさを感じる。
 

事前準備

色水遊び(3歳児,4歳児,5歳児)事前準備1
●フィルムケースの蓋に小さな穴をあける。
そのケースに粉えのぐを入れておく。

 

●ペットボトルの下方に穴を開け、ストローを差し込み
水を入れるボトルをつくっておく。
(ストローの差し込み口は、水が漏れないようにゴムボンドで固めておく。)
(ボトルの蓋をゆるめると空気の圧力でストローから水が出て

蓋を閉めると水は止まります。)

 

●活動ごとにコーナー分けをして、環境構成を行う。
色水遊び(3歳児,4歳児,5歳児)事前準備2
色水遊び(3歳児,4歳児,5歳児)事前準備3
 

保育の流れ

1.透明プラスチックコップに水を少量入れる

◆保育者は水ボトルから水を出す担当をする。

 

色水遊び(3歳児,4歳児,5歳児)保育の流れ1

テーブルに、水の入ったペットボトル(上記の事前準備を参照)を置いておく。

子どもたちは透明プラスチックコップを手にして、水ボトルから水を入れる。

 

2.汲んできた水に色をつける

◆粉えのぐやインク芯をトレーの上に用意しておく。

◆かき混ぜるための割り箸も用意しておく。

 

色水遊び(3歳児,4歳児,5歳児)保育の流れ2

カップに入れた水に、粉えのぐをふりかけたり、ペンのインク芯をつけたりして色水をつくってあそぶ。

 

3.ジュース屋さんコーナーに、できた色水ジュースを置く

色水遊び(3歳児,4歳児,5歳児)保育の流れ3

さらに新しいコップで、1~3の活動を繰り返し楽しむ。

 

完成作品例

色水遊び(3歳児,4歳児,5歳児)完成作品例1色水遊び(3歳児,4歳児,5歳児)完成作品例2色水遊び(3歳児,4歳児,5歳児)完成作品例3

皆のつくった色水を並べるとジュース屋さんのようです。

紙に描いたコップの中に、つくった色水の色を塗ろうとしています。

野外で行うと、色水に光が通ってさらに綺麗です。

保育者の声

●作品をつくることではなく、子どもたちは純粋に色をつくったり、混ぜたりする活動そのものを楽しむのだなと思いました。

 

●子どもは1時間以上夢中になって遊んでいたので、夏季にテラスや野外で行うときは、日陰で行うなど、子どもの体調管理が必要です。

ここがいいね

●色水あそびは年齢に合わせて楽しむことができます。

 

●3歳児〜4歳児は色を混ぜてどんどん変化することを体験的に楽しみます。新しい色ができると、大発見をしたような目つきで夢中になり、何回も繰り返します。

 

●5歳児〜6歳児は、自分にとって心地良い色をつくることに夢中になります。同じピンクでも、もっと薄いピンク、少し黄色がかったピンクなど、色の微妙な調整をしながら色づくりを楽しみます。

 

●画用紙やパレットの上で色を混ぜるだけでなく、このような色水自体をつくることを楽しむ体験は、子どもの色彩感覚を高めるでしょう。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:栗山 誠

 

関連コンテンツ

キラキラ光る花火(3歳児,4歳児)お話の絵「わたしのワンピース」製作遊び(3歳児,4歳児,5歳児)オーロラ色をつくろう(3歳児,4歳児,5歳児)

キラキラ光る花火(3歳児,4歳児)

お話の絵「わたしのワンピース」製作遊び(3歳児,4歳児,5歳児)

オーロラ色をつくろう(3歳児,4歳児,5歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材