トップページ > 先生のためのページ > 折り紙「どんぐり」

保育製作,秋

折り紙「どんぐり」

対象年齢:3歳児

 

折り紙「どんぐり」(3歳児)

 

折り紙「どんぐり」(3歳児)

目次

 

材料・用具

●おりがみ(黄土色、茶色、琥珀色) ●色画用紙(赤) ●クレパス ●はさみ ●のり

 

●のり台紙 ●のり手拭きタオル 
 

活動のねらい

●おりがみで、どんぐりを折る楽しさを味わう。
 

事前準備

●子どもに見せるための完成作品例を製作しておく。

 

●作品のパーツを入れる容器として、子どもたちにお道具箱のふたを準備するよう呼びかける。

 

●のり使用時の手拭き用として、トレーに濡れタオルを準備し、のりを使用する工程に入る際に配れるようにしておく。(机に各1つずつ)

 

●出来上がった作品を飾る準備(つるすひもや作品ハサミ等)をしておく。
 

保育の流れ

1.どんぐりをおりがみで折る話をする

折り紙「どんぐり」(3歳児)保育の流れ1

◆出来上がりの見本を見る事で、つくってみたい気持ちが高まるようにする。

◆おりがみの色は、子どもが好きな色を選択できるようにする。

T「今日は、かわいいどんぐりを、おりがみで2つつくるよ」

T「3つのおりがみの中から、好きな色を選んでね」

C「茶色いどんぐりがいい!」

C「黄土色にする!」

T「では、茶色いどんぐりがいい人」

C「はーい!」

 

○色ごとに、それぞれのおりがみを配っていく。

 

2.おりがみで、どんぐりをつくる

折り紙「どんぐり」(3歳児)保育の流れ2

◆子どもたちの活動に配慮し、はさみが上手に使えない子どもには援助を行う。

◆はさみは、使わない時は危なくないようにキャップをするように促す。

T「まず、おりがみを白い所が見えないように半分に折るよ」

T「角と角をしっかり合わせてね」

T「そしたら、真ん中にできた線のところをはさみで切るよ」

C「こうでいい?!できたよ」

T「はさみは使い終わったら、ちゃんとキャップをパチンとしようね」

T「そしたら、切れたいろがみを2つとも白い所が見えないように半分に折るよ」

T「次に、折った線の所にお山をつくるよ」

T「お山ができたら、ひっくり返します」

T「ロケットみたいになったね」

T「ロケットの発射台をつくって、どんぐりの帽子ができたら完成だよ」

 

3.クレパスでどんぐりの帽子や顔を描く

折り紙「どんぐり」(3歳児)保育の流れ3

T「完成したどんぐりに、クレパスで絵を描きます」

T「帽子や顔を描いて、かわいいどんぐりを二個つくろうね」

C「先生、見て!描けたよ」

T「すごいね。かわいいどんぐりができたね」

 

4.どんぐり二つを色画用紙にのりづけし、周りに好きな絵を描く

折り紙「どんぐり」(3歳児)保育の流れ4

のり、のり台紙、手拭き用タオルを配る。

T「最後に、どんぐりを色画用紙に貼るよ」

T「のりは、のり台紙の上でつけてね」

T「のりは、たくさんつけないようにね」

T「お絵描きしていない方に、のりをつけるよ」

T「どんぐりの帽子がピロピロしないように、帽子にものりをつけてね」

T「どんぐりが貼れたら、周りに好きな絵を描いていいよ」

 

5.完成作品を飾って鑑賞する

折り紙「どんぐり」(3歳児)保育の流れ5

◆出来上がった作品を鑑賞し、活動の達成感を感じたり、友だちと喜びを共有する。

C「先生これでいい?」

C「できたよ!みて!」

T「わぁ、上手にできたね」

T「とってもかわいいどんぐり!ここに飾っておくね」

C「あ!僕のどんぐりがあった!」

 

完成作品例

折り紙「どんぐり」(3歳児)完成作品例1折り紙「どんぐり」(3歳児)完成作品例2折り紙「どんぐり」(3歳児)完成作品例3
折り紙「どんぐり」(3歳児)完成作品例4折り紙「どんぐり」(3歳児)完成作品例5折り紙「どんぐり」(3歳児)完成作品例6

保育者の声

●3色のおりがみから、自分の好きな色を選ぶ事で、活動への意欲をより高めていた。

 

●おりがみの説明では、疑似表現を使って説明する事で理解がスムーズになり、自分でその形にしようと頑張る姿が見られた。

 

●クレパスで自由に描く事により、子どもたち一人ひとりの個性あふれる作品となった。

 

●もう少し導入や説明の仕方を工夫して、より楽しめるようにすると良かった。

ここがいいね

●製作に入る前にどんぐりに関する絵本を読み聞かせるなど、子どもの気持ちが少しずつ「どんぐり」のおりがみ活動に繋がる保育者の配慮が見られました。

 

●説明が丁寧にされており、戸惑う子どもが少なかったように感じました。

 

●どんぐりを逆に貼っている子どももいましたが、作品として生かすことを優先したことから、子どもの気持ちに寄り添った保育者の思いが伝わってきました。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:淺野 卓司

協力園:駒方保育園(阿部 理恵)

 

関連コンテンツ

おりがみ「いちご」(3歳児)折り紙「ぶどう」(3歳児)ハロウィンタウンをつくろう!(3歳児)

おりがみ「いちご」(3歳児)

折り紙「ぶどう」(3歳児)

ハロウィンタウンをつくろう!(3歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材

印は軽減税率適用商品になります。