トップページ > 先生のためのページ > お話の絵「もりのセーター」

絵画,冬

お話の絵「もりのセーター」

対象年齢:4歳児

 

お話の絵「もりのセーター」(4歳児)

 

お話の絵「もりのセーター」(4歳児)

目次

 

材料・用具

●色画用紙(4つ切り/うすいちゃいろ) ●コンテ ●絵の具 ●画筆
 

活動のねらい

●お話を聞いて内容を理解し、木の重量感をコンテでしっかりとぬりこむことで表現する。

 

●コンテのぼかしを楽しむ。
 

事前準備

●絵の具は薄めに溶いておく。
 

保育の流れ

1.絵本「もりのセーター」を読み、お話の内容を話し合う

◆登場人物やあらすじ、登場人物の様子などを話し合いの中で確認する。

 

T「どんな動物がでてきたかな?」

C「兄弟のクマ」

 

T「お話の中の木はどんな木だった?」

C「大きな木だよ」

C「太い木がいっぱいだった」

 

T「木に住んでいるクマはどんなクマだった?」

C「木が寒そうだから、暖かくしてあげようとしている優しいクマだった」

C「あったかいセーターを木に着せてあげようと思いついたよ」

T「では、その様子を絵に描いてみようか」

 

2.コンテで木を描く

お話の絵「もりのセーター」(4歳児)保育の流れ1

◆コンテの使い方を確認する。(しっかり力強く描く等。)

◆木は思い切って大きく描くように促す。

 

T「コンテで描く時は、しっかり力を入れてぬりましょう」

C「クマの住んでいる大きな木や、リスの住んでいる小さな木も描くよ」

 

3.コンテで木にセーターを描く

どんなセーターがいいのか話し合う。

◆セーターの色や模様などについて話し合い、イメージを膨らませて、1人ひとりの個性が出たセーターを描く。

 

T「クマはどんなセーターを作ったのかな?」

C「赤や黄色や色々な色の混ざっているセーター」

C「分厚くて、暖かくて、そのセーターを着ると風邪をひかないよ」

T「それでは、自分の思ったセーターを着せて暖かくしてあげよう」

 

コンテでセーターを描く。

◆茶色や黒色のコンテを塗りこんだ木の上に描くので、セーターに使用するコンテは発色の良い色を選ぶ。

 

4.絵の具でクマや雪、落ち葉などを描く

お話の絵「もりのセーター」(4歳児)保育の流れ2

どんなクマだったのか話し合う。

◆くまの外面だけでなく、内面的なイメージも話し合うことで、絵の表現を広げる。

◆筆や絵の具の使い方も全体で確認する。(筆の動かし方、筆先の処理など)

◆雪の表現が雑にならないように、丁寧に筆を動かすよう促す。

 

T「兄弟クマは仲良しかな?」

C「仲良しだから、いつもひっついてるよ」

 

T「冬の森は寒いよね」

C「雪が降って、木に積もっているよ」

T「では、クマと雪や森の様子も描いてみよう」

T「筆はゆっくり動かして描きましょうね」

 

完成作品例

お話の絵「もりのセーター」(4歳児)完成作品例1お話の絵「もりのセーター」(4歳児)完成作品例2お話の絵「もりのセーター」(4歳児)完成作品例3
お話の絵「もりのセーター」(4歳児)完成作品例4

保育者の声

●色々な形の木や葉っぱがあることを知らせ、独創的な形の木を描くことができました。

 

●重量感を出すために、腕に力を入れてしっかりとコンテでぬりこむように声をかけました。

 

●木の枝が雑にならないように、丁寧にぬるように声をかけました。

 

●森の背景や空間の情景を出すため、彩度を抑えた色画用紙を選びました。

ここがいいね

●コンテをしっかりとぬりこむ事で、木の重量感、質感が表現できましたね。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:舟井賀世子

協力園:せんこう幼稚園

 

関連コンテンツ

お話の絵「ハーメルンのふえふき」(4歳児)お話の絵「ぐるんぱのようちえん」(4歳児)お話の絵「もくべえのうなぎのぼり」(4歳児)お話の絵「おしゃべりなたまごやき」(4歳児)

お話の絵「ハーメルンのふえふき」(4歳児)

お話の絵「ぐるんぱのようちえん」(4歳児)

お話の絵「もくべえのうなぎのぼり」(4歳児)

お話の絵「おしゃべりなたまごやき」(4歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材

印は軽減税率適用商品になります。