トップページ > 先生のためのページ > 走って逃げる鬼のおもちゃ

保育製作,冬,節分

走って逃げる鬼のおもちゃ

対象年齢:3歳児,4歳児

 

走って逃げる鬼のおもちゃ(3歳児,4歳児)

 

走って逃げる鬼のおもちゃ(3歳児,4歳児)

目次

 

材料・用具

●紙コップ ●毛糸 ●画用紙 ●木工用接着剤 ●丸シール

 

●ビニールテープ ●輪ゴム ●ねんど ●マーカー
 

活動のねらい

●季節・行事の遊びを楽しむ。
 

事前準備

走って逃げる鬼のおもちゃ(3歳児,4歳児)事前準備1
●丸シールを組み合わせて目をつくっておく。

 

●紙粘土は3cm×3cm角程度に小分けしておく。

 

●毛糸を適度な長さ(10cm程度)に切っておく。

 

●つののパーツを画用紙でつくっておく。(のりしろ部分を作っておく。)
 

保育の流れ

1.紙コップの口を下にして、下の部分にビニールテープを巻く

走って逃げる鬼のおもちゃ(3歳児,4歳児)保育の流れ1

紙コップにビニールテープを巻いて、鬼のパンツの部分をつくる。

 

2.顔をつくる

走って逃げる鬼のおもちゃ(3歳児,4歳児)保育の流れ2

目玉のシールを貼り、口や鼻をマーカーで描く。

 

3.コップの底の部分に、つの・毛糸を貼る

走って逃げる鬼のおもちゃ(3歳児,4歳児)保育の流れ3

紙コップの底の部分に木工用接着剤をつけて、つの・毛糸を貼る。

 

走って逃げる鬼のおもちゃ(3歳児,4歳児)保育の流れ4

つのの本数は子どもが自由に決める。

 

走って逃げる鬼のおもちゃ(3歳児,4歳児)保育の流れ5

毛糸をのせる。

※木工用接着剤にしっかりつくようにのせる。

 

4.ビニールテープを貼った部分にシールを貼って装飾をする

走って逃げる鬼のおもちゃ(3歳児,4歳児)保育の流れ6

パンツ部分を装飾する。

 

5.紙コップの左右に、はさみで切込みを入れる

走って逃げる鬼のおもちゃ(3歳児,4歳児)保育の流れ7

切込みの位置の目安は上図参照。深く切りすぎないようにする。

 

6.切り込みに輪ゴムをはさむ

走って逃げる鬼のおもちゃ(3歳児,4歳児)保育の流れ8

ゴムは、たるんでいない状態が良い。

 

7.輪ゴムに粘土をつけてまるめる

走って逃げる鬼のおもちゃ(3歳児,4歳児)保育の流れ9

輪ゴムの交差部分に、しっかり粘土をつけるようする。

※軽量紙粘土では、ゴムから取れてしまいやすくなるため、重くてしっかりした粘土を使用してください。

 

完成作品例

走って逃げる鬼のおもちゃ(3歳児,4歳児)完成作品例1

(あそび方)鬼を床に置き、後ろへ引いて手を放すと、前に進みます。

 

関連コンテンツ

ティッシュケースがおにに変身!(4歳児)透明豆入れ すけるちゃん(4歳児)箱でつくろう おにさんガォー(5歳児)紙袋でおに面をつくろう(5歳児)

ティッシュケースがおにに変身!(4歳児)

透明豆入れ すけるちゃん(4歳児)

箱でつくろう おにさんガォー(5歳児)

紙袋でおに面をつくろう(5歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材

印は軽減税率適用商品になります。