トップページ > 先生のためのページ > まっくらな夜に

絵画,秋,通年,ハロウィン

まっくらな夜に

対象年齢:4歳児

 

まっくらな夜に(4歳児)

 

まっくらな夜に(4歳児)

目次

 

材料・用具

●画用紙(黒/8つ切り) ●クレヨン
 

活動のねらい

●黒い画用紙からイメージを広げて絵に表す。
 

保育の流れ

1.夜の不思議な世界について、楽しく想像する

♦夜に関する絵本を読むなど、夜について楽しさを感じるように、子どもたちに伝える。

♦夜の世界を想像する楽しさを味わう。

 

T「夜になったら、みなさんぐっすり寝ていますね」

T「夜になったら何が起こるかな?」

C「妖怪が出てくるよ。おばけも出てくるよ。」

 

2.夜のお絵描きを楽しむ

まっくらな夜に(4歳児)保育の流れ1

画用紙を配る。

◆黒=夜用の画用紙と説明することで、創作意欲を引き出す。

 

T「夜の世界は、ずいぶん楽しそうですね」

T「それでは、その夜の出来事を絵に描いてみましょう」

T「『夜用の画用紙』を、みなさんに渡しますね」

 

夜の絵を描く。

◆いつもとは違う色の感じを味わうように声をかける。

 

T「夜の画用紙は、いつも活躍するクレヨンが活躍できなくて、いつもはあまり使わないクレヨンが活躍するよ」

T「何色かな?」

C「夜だから、黒のクレヨンが使えないよ!」

T「黒のクレヨンは活躍できないけど、白のクレヨンは大活躍だよ」

T「ほかにも、合いそうな色を探して描いてみよう」

T「みんなのお絵描きで、楽しい世界をつくりましょう」  

 

【次につながるあそび】

夜のふしぎな世界のイメージが共有できたら、役割を作って劇遊びなどに発展させる。

 

完成作品例

まっくらな夜に(4歳児)完成作品例1まっくらな夜に(4歳児)完成作品例2まっくらな夜に(4歳児)完成作品例3

白のクレヨンで描いたよ。 おばけの家は、不思議な形だよ。

妖怪の世界のお花は、きれいだよ。

まっくらな夜に(4歳児)完成作品例4まっくらな夜に(4歳児)完成作品例5まっくらな夜に(4歳児)完成作品例6

白のクレヨンで、夜の世界が明るくなったよ。

白のクレヨンで楽しんで描きました。

まっくらな夜に(4歳児)完成作品例7まっくらな夜に(4歳児)完成作品例8まっくらな夜に(4歳児)完成作品例9

4歳児らしい自由な世界が広がっています。

保育者の声

●普段あまり絵を描かない子どもも、楽しそうに取り組んでいました。
黒い画用紙が新鮮だったようです。

 

●夜の世界は、子どもにとって魅力的な未知の世界なのですね。

ここがいいね

●「夜の画用紙」という言い回しがとても素敵です。

 

●子どもにとって特別な思いが生まれます。

 

●白のクレヨンはもちろんのことですが、いつも使っているクレヨンの発色が変わります。

 

●いろいろな発見ができそうですね。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:石賀 直之

 

関連コンテンツ

オーロラ色をつくろう(3歳児,4歳児,5歳児)飾ってステキ!ハロウィンの仲間たち(4歳児)スクラッチで花火を描こう(4歳児,5歳児)

オーロラ色をつくろう(3歳児,4歳児,5歳児)

飾ってステキ!ハロウィンの仲間たち(4歳児)

スクラッチで花火を描こう(4歳児,5歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

 

使用する教材

印は軽減税率適用商品になります。