トップページ > 先生のためのページ > 生活画「お花の水やり」

絵画,春

生活画「お花の水やり」

対象年齢:3歳児

 

生活画「お花の水やり」(3歳児)

 

生活画「お花の水やり」(3歳児)

目次

 

材料・用具

●サクラポスターカラー(みどり、黄色、みずいろ、ももいろ) ●画筆(大)
 
●画用紙(4つ切り/白) ●クレパス ●溶き皿
 

活動のねらい

●経験した水やりの様子を自分なりに表現する。
 

事前準備

●スムーズに描き始められるよう、画板、画用紙を活動の場にセットしておく。

生活体験・生活環境

●お当番活動を通して、花の水やりを行っている。
 

保育の流れ

1.花の水やりについて話をする

園庭の花について。

T「今日も園庭のお花が元気に咲いていたね」

C「僕が、お水あげたよ!」

C「私も!」

T「みんなが毎日お水をあげているから、お花も元気だね」

 

T「どんなお花が咲いたかな?」

C「ピンクのお花!チューリップ」

C「黄色い花も咲いたよ」

C「青むらさきの花も咲いたね」

 

T「今日はお部屋で、きれいなお花を咲かせて、お部屋をお花畑にしようと思います」

C「やってみたい!」

C「きれいな花を、いっぱい咲かせる」

C「水も、いつもみたいにいっぱいあげるよ」

 

2.クレパスで人物やじょうろを描く

生活画「お花の水やり」(3歳児)保育の流れ1

◆クレパスでゆっくり丁寧に描くことを伝える。

◆形に気付けるような言葉をかけ、それぞれの表現を見守り、認める。

 

T「今日は、この花壇にお花を咲かせてみようね」

C「早く咲かせたいな~」

 

人物を描く。

T「まずは、お水をあげないと芽がでないよね」

T「誰がお水をあげる?」

C「僕!」「私!」

 

T「では、お水をあげる自分を描いてみようね」

T「ゆっくりと、クレパスに力を入れて描こうね」

C「お友だちも描こうかな!」

T「お友達がいてもいいね。」

 

生活画「お花の水やり」(3歳児)保育の流れ2

じょうろを描く。

T「お水をあげる時には何を持ってるの?」

C「じょうろ!」

T「そうだね。じょうろでお水をあげているよね」

C「どんな形かな?」

T「このじょうろ素敵ね」

T「○○ちゃんも違った形でとってもいいね」

 

3.絵の具で花や茎を描く

生活画「お花の水やり」(3歳児)保育の流れ3

◆茎や葉の大切な役割も伝える。

 

T「どんなお花が咲いたかな?」

C「ピンクのお花がいっぱいになったよ」

T「きれいだね」

C「私は黄色い花」

 

T「土の中の水も、いっぱい飲める様に茎も描こうね」

 

4.絵の具で水を描く

◆絵の具の濃度は薄めにしておく。

 

T「お花にお水をあげましょう」

T「お水をかけすぎると枯れちゃうから、ゆっくりかけてあげようね」

C「ゆっくり ゆっくり…」

C「お水いっぱい飲んでね」

 

T「きれいなお花がたくさん咲いたね」

 

完成作品例

生活画「お花の水やり」(3歳児)完成作品例1生活画「お花の水やり」(3歳児)完成作品例2生活画「お花の水やり」(3歳児)完成作品例3

お花の形が難しいと言いながらも、じっくり考えて表現しています。

お水が顔にかからないように…と気を付けていました。

○がじょうろです。水の線を、ゆっくりゆっくり描いていました。

生活画「お花の水やり」(3歳児)完成作品例4生活画「お花の水やり」(3歳児)完成作品例5

じょうろから丁寧に水の線をつなげていました。

保育者の声

●日常の中の姿なので、イメージしやすく描きやすい生活画だった。

ここがいいね

●3歳児特有の人物表現(頭足人)を大切にしたかわいい絵ですね。

 

●描きやすくするためにクレパスを材料にしたことが、一人ひとりの人物表現の発達を個性的にしています。

 

●水の描き方の違いから見られる発達も気づいてほしいポイントの1つです。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:舟井 賀世子

協力園:八田荘第二こども園(淺尾 昭子)

 

関連コンテンツ

おかあさんの顔(3歳児)

おかあさんの顔(3歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材