トップページ > 先生のためのページ > お話の絵「しずくのぼうけん」

絵画,梅雨

お話の絵「しずくのぼうけん」

対象年齢:4歳児

 

お話の絵「しずくのぼうけん」(4歳児)

 

お話の絵「しずくのぼうけん」(4歳児)

目次

 

材料・用具

●水性ペン(青系) ●コンテ(赤) ●ポスターカラー ●画用紙(4つ切り)
 

活動のねらい

●お話を聞いて水の性質を知り、同じ記号のしずくのぼうやを次々と描いてのびのびと表現する。
 

事前準備

●薄めの濃度で青色の絵の具を溶いておく。
 

保育の流れ

1.絵本「しずくのぼうけん」のお話を聞く

T「最近、雨が多いよね。どうやって雨が降るか知っている?」

T「先生が、こんな絵本を持ってきたよ」

C「かわいい」

C「はやく見たい!」

T「今日は、この絵本のお話を描くよ」

T「誰が出てくるかな?」

 

2.水性ペンでしずく、雲等を描く

お話について話し合う。

T「しずくちゃんってどんな形をしていたか覚えているかな?」

C「丸みたい!」

C「水の形」

C「手もついているよ!」

T「足はどうだった?」

C「足もついていた!」

T「そうだね、手もあったね」

 

画用紙や描画材について説明する。

T「水性ペンの青色だけで、しずくちゃんを描いていきます」

T「画用紙の向きは横でもいいし、高い所から雨を降らせたい子は、縦向きにしてもいいよ」

C「僕は、縦にする!」

C「横にする!だって雲が長かったから」

T「そうそう、大きな雲も出てきたね」

 

お話の絵「しずくのぼうけん」(4歳児)保育の流れ1

ペンで、しずくや雲を描く。

T「○○くんの雲、大きいね!」

T「どんな色だったかな?」

C「まっ黒!青色で塗ってもいい?」

T「いいよ。真っ黒だったから、しっかり塗らないとね」

 

T「○○ちゃんの点々で描いているしずくちゃんも可愛いね」

C「うん、空気になって、消えそうになっているところだよ!」

 

3.絵の具で雨を描く

絵の具で雨を描く。

T「大きな雲が描けたから、雨を降らせてあげようか」

C「いっぱいかこう!」

T「しずくちゃんのお顔にかからないように気を付けてあげてね。」

C「下に溜まっている、水も描こうっと!」

T「いっぱい雨が降ってきて喜んでいるね」

 

しずくのほっぺをコンテの粉で色付けする。

◆ほっぺを塗るためのコンテの粉を用意しておくと良いでしょう。単色描きでシンプルな為、少し色が入ると、かわいくなります。

T「ほっぺを赤くしてもいいよ」

C「ママみたいでかわいい」

 

完成作品例

お話の絵「しずくのぼうけん」(4歳児)完成作品例1お話の絵「しずくのぼうけん」(4歳児)完成作品例2お話の絵「しずくのぼうけん」(4歳児)完成作品例3
お話の絵「しずくのぼうけん」(4歳児)完成作品例4お話の絵「しずくのぼうけん」(4歳児)完成作品例5

保育者の声

●同じ記号がたくさん出てくる題材なので、いつも絵を描くことに悩んでしまう子も、次々と描いて楽しんで取り組むことができた。

ここがいいね

●力強く塗られた雲に対して、しずくの坊やの形と並びが絵のバランスをより造形的にしていますね。

 

●単純に並ぶ、しずくの間に雨の線が、また異なる空間を作り出しています。

 

●子ども一人ひとりの並べ方、リズム感の面白さが伝わる絵ですね。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:舟井 賀世子

協力園:赤橋幼稚園

 

関連コンテンツ

カラフルなカタツムリをつくろう!(2歳児,3歳児)絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ(4歳児)

カラフルなカタツムリをつくろう!(2歳児,3歳児)

絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ(4歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材