トップページ > 先生のためのページ > 絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ

絵画,梅雨

絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ

対象年齢:4歳児

 

絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ(4歳児)

 

絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ(4歳児)

目次

 

材料・用具

●絵の具(多色) ●絵の具溶き皿 ●画筆(丸筆/14号程度) ●丸型シール(直径1.7cm大) ●色画用紙(4つ切り)
 

活動のねらい

●絵の具との出会いを楽しむ。

 

●いろいろな色の線や点などを使って、カタツムリを描くことを楽しむ。
 

事前準備

●絵の具を水で溶いておく。
 

保育の流れ

1.カタツムリの写真や実物を見て、カタツムリについて話し合う

◆カタツムリの殻が丸い形になっていることなど、特徴に気付けるよう促す。

◆カタツムリの渦巻きに注目し、渦巻きをよく見るように声掛けをする。

 

T「カタツムリさんの背中はどんな形かな?」

 

2.画用紙にカタツムリの卵に見立てた丸型シールを貼り、絵の具でカタツムリを描く

絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ(4歳児)保育の流れ1

卵に見立てた丸型シールを貼る。

◆シールの色や、枚数、場所は子どもが自由に貼る。

 

絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ(4歳児)保育の流れ2

卵から筆をスタートさせて絵の具でカタツムリを描く。

◆保育者が、実演して描いて見せて説明をすることで意欲を高める。

◆絵の具を使う時の注意点(絵の具の量や筆の使い方)は個別に丁寧に説明する。

◆ゆっくりと筆を動かして丁寧に描く様に呼びかける。

 

絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ(4歳児)保育の流れ3

T「卵からカタツムリさんが生まれてきます」

T「カタツムリの殻がだんだん大きくなるよ」

 

○大きいカタツムリ、小さいカタツムリ、親子のカタツムリなど、自由に描く。

 

絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ(4歳児)保育の流れ4

途中で色を変えたり、模様をつけたりして、おしゃれなカタツムリにする。

◆子どもの思いが広がるように声をかける。

 

T「模様を描いたりして、おしゃれなカタツムリさんにしてあげよう」

 

3.カタツムリ以外に描きたいものを描く

絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ(4歳児)保育の流れ5

◆カタツムリの散歩道、家、木の葉、雨など、イメージした物を自由に描く。

◆何を描いたらいいか戸惑っている子どもには、イメージが広がる様に個別に声掛けをする。

 

絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ(4歳児)保育の流れ6

T「きれいなカタツムリさんだね」

T「カタツムリさん、何をしているのかな?」

T「カタツムリさんは、どこにいるのかな?」

T「どんな食べ物が好きだと思う?」

 

完成作品例

絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ(4歳児)完成作品例1絵の具との出会いを楽しむ③おしゃれなカタツムリ(4歳児)完成作品例2

いろいろな色や線で描いていくと、こんなにおしゃれなカタツムリができました!

保育者の声

●何を描こうかと戸惑っている子どもには「かわいいカタツムリさんね」と共感の声をかけて安心させてから問いかけ、表現を発展させるようにすると、描くことを思いついて、続きを描いていた。

 

●カタツムリの殻の部分(線と線の間など)を点や線などの模様で飾ると、色彩がより豊かになり、子ども達はお気に入りのカタツムリが描けたようだった。

ここがいいね

●子どもの絵の中には、絵の具をつけた筆で描くことを楽しんだだけのような表現もありますが、その絵の中にある子どもの思いを読み取ることが大切です。

 

●カタツムリの歌に合わせて表現すると、楽しい造形活動の時間になります。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:大阪児童美術研究会

協力園:中尾 美千子

 

関連コンテンツ

カラフルなカタツムリをつくろう!(2歳児,3歳児)自由画「だれのかさ?」(3歳児,4歳児)あじさいを描こう(4歳児)

カラフルなカタツムリをつくろう!(2歳児,3歳児)

自由画「だれのかさ?」(3歳児,4歳児)

あじさいを描こう(4歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材

印は軽減税率適用商品になります。