トップページ > 先生のためのページ > 片栗粉遊び

保育遊び,夏

片栗粉遊び

対象年齢:2歳児

 

片栗粉遊び(2歳児)

 

片栗粉遊び(2歳児)

目次

 

材料・用具

●食紅 ●トレイ ●スプーン ●片栗粉 ●水

 

●ゼリーカップ ●お皿 ●コップ
 

活動のねらい

●片栗粉の感触を楽しみながら遊びましょう。
 

事前準備

●活動をする場所には、ビニールシートを敷いておく。
 

保育の流れ

1.片栗粉の粉を見せる

◆片栗粉を見せて、子どもたちの興味を高める。

T「今日は、不思議な粉を持ってきました」

T「何でしょうか?」

C「何それ?」

T「これは片栗粉っていう粉だよ」

T「触ってみる?」

 

2.水を入れていない状態の片栗粉を触って遊ぶ

片栗粉遊び(2歳児)保育の流れ1

◆片栗粉の粉のキュッキュとした感触を味わう。

 

C「おもしろい」

T「不思議な手触りだね」

C「ツルツルしてる!」

 

○水を加えていない粉を、両手で思い切り握ったりして感触と音を確かめていた。

 

3.片栗粉に水を加えて感触遊びを楽しむ

◆粉に触る遊びに少し飽きてきた頃に活動を展開させる。

◆水を加えることによって大きく変化する感触の不思議に興味付ける。

 

T「魔法のお水を持ってきたよ」

T「これを粉にかけると不思議なことが起きるよ」

C「魔法のお水?どうなるの?」

 

片栗粉遊び(2歳児)保育の流れ2

かき混ぜたり握ったりして遊ぶ。

T「ほら、トロトロになってきたでしょ」

T「ギュッと握っておにぎりを作ってみて」

T「離すとどうなるかな?」

C「わぁ!溶けちゃった!すごい」

T「不思議だね」

 

4.食紅で色をつけ、ゼリー容器などに入れてごっこ遊びなどを楽しむ

片栗粉遊び(2歳児)保育の流れ3

食紅を混ぜて色をつける。

◆子どもたちが遊ぶ様子を見守りながら、活動が発展するような声掛けをする。

◆食紅で色をつけることで、ごっこ遊びの要素が高まるようにする。

 

片栗粉遊び(2歳児)保育の流れ4

T「イチゴとメロンとレモンのジュースを持ってきたよ」

T「これでお料理をして、おいしいものをつくってみようか」

C「いちごのアイスできた」

T「おいしそう!」

 

完成作品例

片栗粉遊び(2歳児)完成作品例1片栗粉遊び(2歳児)完成作品例2片栗粉遊び(2歳児)完成作品例3

片栗粉の粉の感触と、キュッキュとなる音をいきいきと楽しみました。

水を加え、ネチネチしていく感触の変化に気づきます。

容器に入れたり出したり、トロトロ感を楽しんでいます。

片栗粉遊び(2歳児)完成作品例4片栗粉遊び(2歳児)完成作品例5片栗粉遊び(2歳児)完成作品例6

保育者の声

●粉のみの感触遊びの時点で、興味津々の子どもたちは両手で思い切り触って楽しんでいる様子でしたが、中には気になるけどなかなか触れずにいる子どももいました。

 

●触れずにいた子どもも、ゼリーカップやスプーンを配ると、自ら手を伸ばして遊ぼうとしていたので、きっかけとなって良かったです。

 

●手が汚れるのが嫌な子どもは、自分なりに考えて容器を使って遊ぼうとしていて、個人によっての様々な楽しみ方を見る機会となり興味深かったです。

 

●飽きてきた頃に新しい展開を入れていったので、長い時間でも集中して遊ぶことができました。

ここがいいね

●汚れることを嫌がる子どもの多い現在では、乳児期に色々な感触遊びで遊ぶことは大切です。

 

●片栗粉の粉はキュッキュとした感触や音も楽しめ、更に水を加える・加熱するなど色々な変化が楽しめます。

 

●この活動のように、色をつけたり容器でごっこ遊びに展開していくと、より興味を高めることができ集中しますね。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:舟井 賀世子

協力園:御池台こども園

 

関連コンテンツ

パルプ粘土でプリン、ドーナツをつくろう(2歳児)パルプ粘土でお団子づくり(2歳児,3歳児,4歳児,5歳児)

パルプ粘土でプリン、ドーナツをつくろう(2歳児)

パルプ粘土でお団子づくり(2歳児,3歳児,4歳児,5歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材

印は軽減税率適用商品になります。