トップページ > 先生のためのページ > お話の絵「もくべえのうなぎのぼり」

絵画,通年

お話の絵「もくべえのうなぎのぼり」

対象年齢:4歳児

 

お話の絵「もくべえのうなぎのぼり」(4歳児)

 

お話の絵「もくべえのうなぎのぼり」(4歳児)

目次

 

材料・用具

●画用紙 ●墨汁 ●絵の具 ●油性サインペン ●クーピーペンシル
 

活動のねらい

●お話を聞いて内容を理解し、墨の濃淡を使い分けて、うなぎを追いかける楽しい場面を絵に表現する。
 

事前準備

●墨は、濃淡のちがう2種類を用意しておく。
 

保育の流れ

1.絵本「もくべえのうなぎのぼり」を読み、内容について話し合う

◆描きたいイメージが広がるように話し合いを進める。

 

T「みんなは『うなぎ』って知っていますか?」

C「知らない」

C「知ってる!へびみたいで、にゅるにゅるしてる」

C「気持ちわるいなぁ」

 

T「でも、もくべえさんは、このうなぎを食べようとしていたよね」

C「うん。うなぎって食べたらおいしいよ」

T「もくべえさんは、うなぎが好きだから、ずっとつかんでいたんだね」

 

2.墨汁でうなぎを描く

◆濃淡2種類の墨を使って描くことを説明する。

 

T「今日は、墨を使って描きます」

T「濃い墨と薄い墨があるので、両方使って描いてみてね」

 

3.まわりの様子を油性ペンで描く

◆子どものイメージが膨らむように、保育者から声掛けをする。T「雷様のところまで行くってすごいね」C「雨が降って、雷も鳴っていたよ!」

 

4.絵の具やクーピーペンシルで色を塗る

◆絵の具や筆の使い方などを確認する。

◆絵の具とクーピーペンシルを併用するときは、絵の具が乾いてからクーピーで色をぬる。

 

○水色の絵の具で雨、黄色の絵の具でいなびかりをぬっていた。

 

完成作品例

お話の絵「もくべえのうなぎのぼり」(4歳児)完成作品例1お話の絵「もくべえのうなぎのぼり」(4歳児)完成作品例2お話の絵「もくべえのうなぎのぼり」(4歳児)完成作品例3

描いているうちに、形が未分化したようです。

力強く大きく描いています。

ぬるぬるとした感触が、うなぎの形になったようです。

お話の絵「もくべえのうなぎのぼり」(4歳児)完成作品例4お話の絵「もくべえのうなぎのぼり」(4歳児)完成作品例5

小さく描いた子どもです。 雷様がかわいいですね。

かかしのようなウナギになりました。

保育者の声

●初めて墨汁と油性ペンを使いましたが、子ども達はあまり抵抗を感じることなく、扱えたようです。

 

●うなぎの表現が個性的でした。

ここがいいね

●墨汁の濃淡がうまく活かされ、民話の雰囲気が出ており楽しい絵になっていますね。

 

●うなぎを身近で見ることがない子どもたちなので、未分化な形が魅力的です。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:舟井賀世子

協力園:御池台こども園

 

関連コンテンツ

お話の絵「ガリバーのぼうけん」(4歳児)お話の絵「ハーメルンのふえふき」(4歳児)お話の絵「おしゃべりなたまごやき」(4歳児)お話の絵「ぐるんぱのようちえん」(4歳児)

お話の絵「ガリバーのぼうけん」(4歳児)

お話の絵「ハーメルンのふえふき」(4歳児)

お話の絵「おしゃべりなたまごやき」(4歳児)

お話の絵「ぐるんぱのようちえん」(4歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材