トップページ > 先生のためのページ > お話の絵「ガリバーのぼうけん」

絵画,通年

お話の絵「ガリバーのぼうけん」

対象年齢:4歳児

 

お話の絵「ガリバーのぼうけん」(4歳児)

 

お話の絵「ガリバーのぼうけん」(4歳児)

目次

 

材料・用具

●画用紙(4つ切り/白) ●油性ペン(茶色) ●絵の具(こげちゃ、ちゃいろ、しろ) ●クーピー
 
●画筆
 

活動のねらい

●お話を聞いて内容を理解し、イメージしたガリバーを大胆に描き、表現する。
 

事前準備

●絵の具の色を作る。(うすちゃ色→茶、こげ茶、白を混ぜる。)

 

●部屋にブルーシートを敷き、画板を並べておく。
 

保育の流れ

1.絵本「ガリバーのぼうけん」を読み、内容について話し合う

◆絵に描きたいイメージが広がるように、話し合いをする。

(登場人物、あらすじ、登場人物たちの様子など。)

 

T「誰がでてきたかな?」

C「ガリバーと小人」

 

T「ガリバーはどんな人だった?」

C「とても大きかった!」

 

T「ガリバーはどうなっちゃったのかな?」

C「小人につかまって、ロープでグルグルにされたよ」

 

2.絵の具でガリバーを描き、小人をペンで描く

お話の絵「ガリバーのぼうけん」(4歳児)保育の流れ1

◆材料や用具の使い方を確認する。(絵の具の量、筆の持ち方、筆先の処理など)

◆お話の内容を保育者が問いかけることで、絵本の内容を思い出し

絵に表現するイメージをひきだす。

 

T「絵の具を使ってガリバーを描きましょう」

T「絵の具で描く時の大切な約束は、ゆっくりと線で描くことです」

 

T「小人はペンで描こうね」

T「ペンで小人を描く時も、ゆっくりと丁寧に描こうね」

 

T「小人はどんな服を着てたかな?」

C「帽子をかぶってた。羽もついてたよ!」

 

3.油性ペンで周りの様子を描き加えていく

お話の絵「ガリバーのぼうけん」(4歳児)保育の流れ2

T「ガリバーはどうなっていたっけ?」

C「ひもでグルグルに巻かれていたよ」

T「逃げられないようにされていたんだね」

T「では、ガリバーが逃げられないように、ひもも描いておこう」

C「ガリバーが逃げられない強いひもを描くよ!」

 

4.クーピーで小人の服に色をぬる

お話の絵「ガリバーのぼうけん」(4歳児)保育の流れ3

T「何色の小人にする?」

C「いろんな色の小人にするよ」

 

完成作品例

お話の絵「ガリバーのぼうけん」(4歳児)完成作品例1お話の絵「ガリバーのぼうけん」(4歳児)完成作品例2お話の絵「ガリバーのぼうけん」(4歳児)完成作品例3

色々な色の服を着た小人がいたので、同じように色を塗っていた。

保育者の声

●ガリバーから描き始めるため、大きくなりすぎて周りに小人が描けなくなってしまう子がいたので、最初に小人を描くことを説明しておく必要があると感じました。

 

●ガリバーをおさえているひもが雑にならないように声掛けを行いました。

ここがいいね

●薄絵の具とサインペンの組合せは、優しい雰囲気になります。

 

●その材料の組合せを、あえて「ガリバーのぼうけん」の強さのある題材に用いるという

逆の発想がいいですね。

 

●作品の色合いを茶色で統一することで、絵全体にまとまりが出ています。

 

●もう少し絵の具の濃度に濃さがあれば、より良かったかもしれませんね。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:舟井賀世子

協力園:八田荘こども園(西岡 緑)

 

関連コンテンツ

お話の絵「おしゃべりなたまごやき」(4歳児)お話の絵「かもとりごんべえ」(5歳児)

お話の絵「おしゃべりなたまごやき」(4歳児)

お話の絵「かもとりごんべえ」(5歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材