トップページ > 先生のためのページ > お話の絵「ぐるんぱのようちえん」

絵画,通年

お話の絵「ぐるんぱのようちえん」

対象年齢:4歳児

 

お話の絵「ぐるんぱのようちえん」(4歳児)

 

お話の絵「ぐるんぱのようちえん」(4歳児)

目次

 

材料・用具

●色画用紙 ●絵の具 ●サインペン ●クーピー ●画板

 

●画筆(太)
 

活動のねらい

●ぐるんぱが子どもたちと楽しく遊んでいる様子を表現する。
 

事前準備

●絵の具を溶いて濃度を調整しておく。(すこし薄めの濃度)
 

保育の流れ

1.絵本「ぐるんぱのようちえん」を読み、内容について話し合う

◆登場人物や、あらすじ、登場人物の様子などを話し合うことで、イメージを膨らませる。

 

T「ぐるんぱはどうして『もうけっこう』と言われたのかな?」

C「ぞうさんは大きいから、大きいものばかり作ったから」

T「そうだね、大きすぎたら使えないよね」

T「でも、子どものお母さんからは『もうけっこう』って言われたかな?」

C「言われてないよ」

T「どうして?」

C「ぐるんぱの上に登ったり、ぐるんぱの鼻で遊ぶことができたから」

T「では、今から絵の具で、ぐるんぱを描いてみようか」

 

2.絵の具でぐるんぱを描き、ペンで子どもたちやまわりの様子を描く

絵の具でぐるんぱを描く。

◆絵の具や筆の使い方を確認する。(筆の持ち方、絵の具の量、筆先の処理など)

◆子どもたちそれぞれの表現に込められたを受け止める。

 

ペンで、子どもなど周りの様子を描く。

◆子どもが絵に描いた表現や発言の中で、他児にも表現の広がりにつながりそうなものを紹介する。

◆何を描いていいか戸惑っている子には、個別に話しかけながら会話の中で表現をひきだす。

 

C「ぐるんぱは大きいから、はしごがいっぱいいるね」

C「本当だ!僕も描こう」

 

T「本当にぐるんぱの背中に乗ったら、どんな気持ちかな?」

C「高いから怖いけど、気持ちいいよ」

T「では、ぐるんぱの上で遊んでいる子どもを描いてみるのはどう?」

 

3.クーピーで色を塗る

T「おいしいクッキーの色をクーピーで塗ろう」

C「帽子と服も色を塗るよ!」

T「塗りたいところは自由に色を塗っていいよ」

 

完成作品例

お話の絵「ぐるんぱのようちえん」(4歳児)完成作品例1お話の絵「ぐるんぱのようちえん」(4歳児)完成作品例2お話の絵「ぐるんぱのようちえん」(4歳児)完成作品例3

優しく気の弱そうなぐるんぱです。

幼い表現です。 足は6本になっています。

横顔のぐるんぱです。 目は1つで口があいています。

お話の絵「ぐるんぱのようちえん」(4歳児)完成作品例4お話の絵「ぐるんぱのようちえん」(4歳児)完成作品例5

ぐるんぱは横を向いているようです。

ぐるんぱを顔面混合で捉えています。

保育者の声

●月齢の差によって表現の仕方に違いがみられました。

ここがいいね

●ぐるんぱのゾウの表現が一人ひとり個性的で楽しい絵になっています。

 

●擬人化、顔面混合表現と、4歳児ならではの捉え方のおもしろさですね。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:舟井 賀世子

協力園:御池台こども園(野中 文子)

 

関連コンテンツ

お話の絵「ガリバーのぼうけん」(4歳児)お話の絵「ハーメルンのふえふき」(4歳児)お話の絵「もりのセーター」(4歳児)

お話の絵「ガリバーのぼうけん」(4歳児)

お話の絵「ハーメルンのふえふき」(4歳児)

お話の絵「もりのセーター」(4歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材