トップページ > 先生のためのページ > お話の絵「おしゃべりなたまごやき」

絵画,通年

お話の絵「おしゃべりなたまごやき」

対象年齢:4歳児

 

お話の絵「おしゃべりなたまごやき」(4歳児)

 

お話の絵「おしゃべりなたまごやき」(4歳児)

目次

 

材料・用具

●水性ペン(茶) ●クーピーペンシル ●クレパス(茶) ●画用紙(4ツ切)
 

活動のねらい

●のびのび表現する。

生活体験・生活環境

●絵本を何度も読み、お話の世界を楽しんでいる。
 

保育の流れ

1.絵本「おしゃべりなたまごやき」を読む

T「コケコッコー♪何の動物でしょうか?」

C「にわとりー!」

T「正解。今日はニワトリが沢山でてくる楽しいお話だよ」

C「わーい」

 

2.材料の使い方やお話の内容について話し合い、クレパス(茶)で王様やお城を描く

お話の絵「おしゃべりなたまごやき」(4歳児)保育の流れ1

◆話を進めながら内容を振返り、描きたい思いをふくらませる。

◆お城の中の様子や王様・ニワトリ・とり小屋の特徴に気付けるよう促す。

◆子ども一人ひとりの発言から、イメージが膨らむように共感や助言をする。

 

T「おもしろいお話だったね。今から描こうか」

C「描きたい!」

T「お話で、カギをなくしたのは誰だった?」

C「王様!」

T「そうね。クレパスの茶色で王様を描こう」

C「王冠をしていたな」

C「マントもしていたね」

C「王様が、住んでいるお城もあったね」

C「お部屋が、たくさんだった」

 

3.水性ペンで描く

お話の絵「おしゃべりなたまごやき」(4歳児)保育の流れ2

◆ニワトリの形は一人ひとりのイメージが広がるように言葉かけをし、特徴を捉えさせる。

 

T「逃げだした ニワトリを描こうか!」

C「描きたい」

 

C「とっても いっぱいだったな!」

T「ニワトリは、水性ペンの茶色で描こうね」

T「ニワトリの手はパタパタできる手だね」

 

4.クーピーで色をぬる

お話の絵「おしゃべりなたまごやき」(4歳児)保育の流れ3

◆子どもたちが意欲的に取り組める様に声をかける。

 

C「色をぬりたい!」

T「いいですよ。塗りましょう」

T「王冠やお洋服も塗ったら素敵になるよ」

C「マントは、赤色だった!」

C「服は緑!」

T「みんなの描いたニワトリにも色を塗ると、かわいいんじゃないかな?」

C「うん」

C「お城もぬったら、素敵だね」

 

完成作品例

お話の絵「おしゃべりなたまごやき」(4歳児)完成作品例1お話の絵「おしゃべりなたまごやき」(4歳児)完成作品例2お話の絵「おしゃべりなたまごやき」(4歳児)完成作品例3
お話の絵「おしゃべりなたまごやき」(4歳児)完成作品例4お話の絵「おしゃべりなたまごやき」(4歳児)完成作品例5

保育者の声

●ニワトリは、絵の具よりペンやクレパスなどの材料のほうが、かわいらしさが伝わり、4歳児には表現しやすいと思った。

ここがいいね

●王様の形にそれぞれの子どもの捉え方の違いがみられます。

 

●マントの着せ方が特に個性的ですね。

 

●4歳児とはいえ、まだ頭足人表現もみられます。大切に見守っている指導がいいですね。

 

●色を絵の具で塗る場合は、線がにじまない様に油性ペンを使うとよいでしょう。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:舟井 賀世子

協力園:赤橋幼稚園

 

関連コンテンツ

お話の絵「こぎつねキッコ」(4歳児)お話の絵「ハーメルンのふえふき」(4歳児)お話の絵「しずくのぼうけん」(4歳児)

お話の絵「こぎつねキッコ」(4歳児)

お話の絵「ハーメルンのふえふき」(4歳児)

お話の絵「しずくのぼうけん」(4歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材