トップページ > 先生のためのページ > お話の絵「かもとりごんべえ」

絵画,通年

お話の絵「かもとりごんべえ」

対象年齢:5歳児

 

お話の絵「かもとりごんべえ」(5歳児)

 

お話の絵「かもとりごんべえ」(5歳児)

目次

 

材料・用具

●色画用紙(しらちゃ、白) ●油性サインペン(黒) ●クーピー ●墨汁 ●絵の具

 

●画筆
 

活動のねらい

●墨を使って、ごんべえさんが空を飛ぶ様子を表現することを楽しむ。
 

事前準備

●墨を水で溶いて、濃いものと薄いものを用意しておく。

 

●絵の具は薄めに溶いておく。
 

保育の流れ

1.絵本「かもとりごんべえ」を読み、内容について話し合う

◆登場人物やあらすじ、登場人物の様子などを振り返り、表現するイメージを膨らませる。

 

T「ごんべえさんは、どうして空を飛んだのかな?」

C「カモをいっぱい捕まえて、そのカモが一気に飛んだから」

T「空を飛んで色々なところへ行ったね」

C「お寺に飛んでいって、落ちてたよ」

T「では、カモにつかまって空を飛んでいるごんべえさんを描こうか」

 

2.墨(濃い墨汁)でごんべえの絵を描く

◆飛んでいる様子やカモの飛び方、ひもの状態など、具体的なイメージが膨らむように声掛けをする。

◆細部の描き込みはサインペンで描く。

 

T「カモにつかまっていないと、ごんべえさん落ちてしまうね」

T「どうしたらいいかな?」

C「本当だ!ひもでつないでつかまえないと!」

 

3.サインペンや墨で周りの様子を描く

T「ごんべえさん以外に誰がいたかな?」

C「笠を売ってる人がいた!」

C「お寺の屋根はいっぱい重なってたよ」

 

4.絵の具、墨(うすい墨汁)、クーピーで色を塗る

お話の絵「かもとりごんべえ」(5歳児)保育の流れ1

◆濃い墨で描いた部分が乾いてから色を塗る。

 

完成作品例

お話の絵「かもとりごんべえ」(5歳児)完成作品例1お話の絵「かもとりごんべえ」(5歳児)完成作品例2お話の絵「かもとりごんべえ」(5歳児)完成作品例3

保育者の声

●普段使う機会の少ない墨で絵を描くのが楽しいようでした。

 

●墨(墨汁)を使ったことで、絵に和の雰囲気が出て良かったです。

 

●ごんべえを小さく描いた場合、筆が太かったため、顔(ごんべえさん)がつぶれてしまうこともありました。

ここがいいね

●墨汁は、絵に重量感や強い迫力を伝えてくれる材料です。

 

●墨の濃淡による筆の強さと、サインペンの細い線の組合せが、より場面を印象的に構成しています。

 

●色付けをする絵の具も、薄い濃度に調整するという配慮が良いですね。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:舟井 賀世子

協力園:八田荘第二こども園

 

関連コンテンツ

お話の絵「うみのおまつりどどんとせ」(5歳児)

お話の絵「うみのおまつりどどんとせ」(5歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材