トップページ > 先生のためのページ > お話の絵「サンタおじさんのいねむり」

絵画,冬,クリスマス

お話の絵「サンタおじさんのいねむり」

対象年齢:5歳児

 

お話の絵「サンタおじさんのいねむり」(5歳児)

 

お話の絵「サンタおじさんのいねむり」(5歳児)

目次

 

材料・用具

●色画用紙(4つ切り/サンタの赤い服や雪が映える色) ●絵の具 ●コンテ ●画筆(細、太)
 

活動のねらい

●お話を聞いて内容を理解し、イメージして描きたい場面を描く。

 

●コンテを丁寧に塗り込んでクリスマスの楽しい雰囲気を表現する。
 

事前準備

●絵の具は濃いめに溶いておく。(濃い色の色画用紙を使う為、薄い絵の具だと色が透けてしまうため。)
 

保育の流れ

1.絵本「サンタおじさんのいねむり」を読み、どの場面を描きたいか考える

◆どの場面が心に残ったか話し合うことで、お話のイメージを自身のなかで膨らませる。

◆話し合う中で、登場人物などの絵に表現するものを例にあげて認識する。(登場人物、あらすじ、登場人物の様子など)

◆話し合いの中で、話題に出た場面を改めて絵本で見るようにする。

 

T「どんな動物がでてきたかな?」

C「きつね」「くま」「りす」

 

T「動物のみんなは何をしていた?」

C「サンタおじさんを訪ねてきたよ」

T「さんたおじさんはどんなお家に住んでいた?」

C「木のお家。狭いけど、暖かいの!」

T「では、その様子を絵に描いてみようか」

 

2.絵の具でサンタ、トナカイを描く

お話の絵「サンタおじさんのいねむり」(5歳児)保育の流れ1

◆筆の使い方を確認する。(持ち方、筆先の処理)

◆筆の太さの種類は描きたいものに合わせて変えられるよう何種類か準備しておく。

 

T「自分が一番最初に描きたいものを描こうね」

C「どの筆を使おうかな?」

T「大きく描きたいものは太い筆で、小さく描きたいものは細い筆で描けばいいよ」

 

3.コンテで周りの景色や描き足したいものを描く

◆改めて絵本を見てお話の内容を見ることで、周りの景色に気付けるよう促す。◆描くことに戸惑っている子どもには、個別に話しかけたりして援助する。

 

お話の絵「サンタおじさんのいねむり」(5歳児)保育の流れ2お話の絵「サンタおじさんのいねむり」(5歳児)保育の流れ3

T「動物たちはみんなで何を相談したのかな?」

C「サンタおじさんのかわりにプレゼントを配ろうとしたよ」

 

T「動物さんは、どうやってプレゼントを届けたんだろうね」

C「プレゼントを持って歩いて町まで行ったよ」

T「では、動物さんたちがプレゼントを届けるところも描いてみようか」

 

4.絵の具で雪を描く

お話の絵「サンタおじさんのいねむり」(5歳児)保育の流れ4

◆雪の描き方が乱雑にならないように促す。

 

T「お空から雪が降ってきたね」

T「絵の具で雪を降らせようか」

 

完成作品例

お話の絵「サンタおじさんのいねむり」(5歳児)完成作品例1お話の絵「サンタおじさんのいねむり」(5歳児)完成作品例2お話の絵「サンタおじさんのいねむり」(5歳児)完成作品例3

木の根っこの中で寝ているサンタさんの顔が優しそうです。

木とサンタの描き方に工夫があります。横の視点の表現です。

たくさんのトナカイがプレゼントを配ります。

お話の絵「サンタおじさんのいねむり」(5歳児)完成作品例4お話の絵「サンタおじさんのいねむり」(5歳児)完成作品例5

たくさんの動物が応援にきました。

雪も丁寧に1つずつ描きました。

保育者の声

●絵本に出てくる登場人物を確認しながら話し合ったことで、描きたいものが明確になりました。

 

●サンタおじさんが何をしている場面かを認識しながら描いたので、色々な動きのサンタおじさんが描けたと思います。

 

●主体となるサンタおじさんやトナカイは絵の具で大きく力強く表現できました。

ここがいいね

●絵の具で表現されたサンタの寝顔がいいですね。

 

●コンテを使って塗り込む部分があったり、コンテで線表現をする部分があったりと、コンテを使った様々な表現が絵に暖かい雰囲気を伝えていますね。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:舟井賀世子

協力園:せんこう幼稚園

 

関連コンテンツ

絵に雪を降らせよう(3歳児,4歳児)クリスマスリースをつくろう(4歳児)

絵に雪を降らせよう(3歳児,4歳児)

クリスマスリースをつくろう(4歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材

印は軽減税率適用商品になります。