トップページ > 先生のためのページ > どんぐりで写真フレームをつくろう

保育製作,秋

どんぐりで写真フレームをつくろう

対象年齢:5歳児

 

どんぐりで写真フレームをつくろう(5歳児)

 

どんぐりで写真フレームをつくろう(5歳児)

目次

 

材料・用具

●ダンボール ●波型ダンボール ●木工用接着剤 ●はさみ ●どんぐり

 

●木の枝(小枝) ●写真(L判サイズ) 
 

活動のねらい

●自然物を使って製作することを楽しむ。
 

事前準備

どんぐりで写真フレームをつくろう(5歳児)事前準備1
●拾ってきたどんぐりは、虫食いなどの確認をし、煮沸や冷凍などの衛生上の処理をしておく。

 

●ダンボールを切って写真フレームの土台をつくる。(各辺が写真のサイズより3cm大きいサイズにする。)

 

●フレームの土台に竹串などで写真を貼る位置の印をつけておく。

 

●波型ダンボールを3cm幅の短冊状に切っておく。
どんぐりで写真フレームをつくろう(5歳児)事前準備2
 

保育の流れ

1.台紙に写真を貼る

どんぐりで写真フレームをつくろう(5歳児)保育の流れ1

台紙につけた写真を貼る印を目安にして、木工用接着剤で写真を貼る。

※木工用接着剤が多少はみ出すくらいにしっかりとつけましょう。

 

2.台紙に縁のフレームを貼り付ける

どんぐりで写真フレームをつくろう(5歳児)保育の流れ2

3cm幅に切った波形ダンボールを写真の外側に貼って、フレームをつくる。

波型ダンボールの長さは、はさみで切って調節する。

※貼る時に力を入れすぎるとダンボールの波型がつぶれてしまうので、やさしく貼るようにしましょう。

 

3.フレームに小枝やどんぐりを飾る

どんぐりで写真フレームをつくろう(5歳児)保育の流れ3

写真フレームにどんぐりや小枝を木工用接着剤で接着する。

※木工用接着剤は多めにつけましょう。波型ダンボールやどんぐり・枝は、形が不定型なので木工用接着剤を少し多めにつけることで、フレームから外れないようにします。

 

完成作品例

どんぐりで写真フレームをつくろう(5歳児)完成作品例1

保育者の声

●ここでは、L判サイズ(127×89mm)の写真フレームの場合として製作しています。違うサイズの写真を使用する場合は、土台の大きさを写真にあわせて調整してください。

 

●写真を取り囲むフレームの幅は、細くなりすぎるとどんぐりや枝が貼りにくくなりますので、適宜調整してださい。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:淺野卓司

 

関連コンテンツ

木の実の一輪挿しを製作しよう(3歳児,4歳児,5歳児)ハロウィンタウンをつくろう!(3歳児)

木の実の一輪挿しを製作しよう(3歳児,4歳児,5歳児)

ハロウィンタウンをつくろう!(3歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材

印は軽減税率適用商品になります。

板ダンボール

板ダンボール

価格(税込):1,584円~6,446円