トップページ > 先生のためのページ > 行事画「いもほり」

絵画,秋,遠足

行事画「いもほり」

対象年齢:3歳児

 

行事画「いもほり」(3歳児)

 

行事画「いもほり」(3歳児)

目次

 

材料・用具

●絵の具(紫、緑) ●画筆(太) ●色画用紙(4つ切り/クリーム) ●ツインペン(茶)
 

活動のねらい

●芋掘りの経験を、絵の具を使ってのびのびと表現する。
 

事前準備

●絵の具の色を作っておく。(いも用、茎用の色)

生活体験・生活環境

●園行事で、芋掘りを経験した。
 

保育の流れ

1.いもほりの経験を思い出し、話し合いをする

◆芋の大きさや形など、経験を通して感じたことを思い出し、表現するイメージをひきだす。

 

T「この前の芋掘りは楽しかった?」

C「楽しかったよ!いっぱい掘ったよ」

C「こんなに大きなお芋が掘れたよ」

 

T「みんなで芋掘りの絵を描こうと思います」

T「どんなお芋が掘れたのか、絵に描いて教えてね」

 

2.絵の具で芋や茎、葉などを描く

材料や用具の使い方をみんなで確認する。

T「絵の具をポタポタこぼさないようにするにはどうすればいいかな?」

C「カップのフチでトントンするの」

 

絵の具で描く。

◆子どもが絵に描いた表現を受け止め、取り組みを認める。

◆子どもの表現が広がるような問いかけや声掛けをする。

 

T「○○ちゃんのお芋、大きくておいしそうだね」

T「△△君のお芋はこんなにたくさんあったんだ!」

 

○芋だけでなく、茎や葉の存在に気付けるよう声かけをする。

T「茎もついていたね」

T「土の水がしっかり飲めるように、たくさんつけてあげよう」

 

3.サインペンで、自分や友達を描く

◆ペンは、描きやすいため、乱雑にかいてしまいやすくなるので、ゆっくり丁寧な線で描くように伝える。

 

T「お芋が描けたら、芋掘りをしている自分も描いてみよう」

T「ゆっくり丁寧に描こうね」

C「○○ちゃんと先生も描こう!」

 

完成作品例

行事画「いもほり」(3歳児)完成作品例1行事画「いもほり」(3歳児)完成作品例2行事画「いもほり」(3歳児)完成作品例3

絵の具で描いている間に、芋がどんどん大きくなってしまいました。

芋、つる、葉の線が優しく、子どもの姿そのものです。

ぶどうの房のような芋の並びが個性的です。

行事画「いもほり」(3歳児)完成作品例4行事画「いもほり」(3歳児)完成作品例5行事画「いもほり」(3歳児)完成作品例6

芋、つるの線が弱々しく描かれています。

土の中いっぱいのさつまいも。 一見ジャガイモのようですね。

一気に描いた芋の線が力強いです。

保育者の声

●経験をしてすぐに絵に描いたので、子どもたちの気持ちが素直に絵の表現に結びつきました。

 

●実際の芋掘りでは思ったより大きな芋は掘れなかったのですが、子ども達は大きな芋への願望が強かったようで、大きな芋を描く子どもが多かったです。

ここがいいね

●芋の形がいろいろあり、個性的な表現になっています。

 

●基本的に幼児は線で形を描くのですが、この絵は線で描いてから中を塗る子など両方います。

 

●それぞれの子どもの表現を大切にした指導だと感じました。とても大切なことですね。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:舟井 賀世子

 

関連コンテンツ

秋の味覚製作②さつまいも(3歳児,4歳児,5歳児)行事画「じゃがいも堀り」(5歳児)

秋の味覚製作②さつまいも(3歳児,4歳児,5歳児)

行事画「じゃがいも掘り」(5歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材