トップページ > 先生のためのページ > キリンをかこう!

絵画,春,遠足

キリンをかこう!

対象年齢:5歳児

 

キリンをかこう!(5歳児)

 

キリンをかこう!(5歳児)

目次

 

材料・用具

●ポスターカラー ●筆 ●溶き皿 ●クレパス ●画用紙(4ツ切)

 

●ブルーシート
 

活動のねらい

●絵の具で「キリン」を描くことを楽しむ。
 

事前準備

●必要な絵の具を絵の具溶き皿に溶いておく。

(水の量を少なくして、しっかりかけるとろとろ状態の溶き方にする。)

 

●筆、雑巾など活動に必要なものは揃えておく。

 

●遠足で動物園に行き、みんなでキリンの体や動いているようすを見た。
 

保育の流れ

1.動物園に行ってキリンを見た話をする

遠足の思い出を振り返る。

T「昨日は、みんなで動物園に行ったね。どんな動物がいたかな?」

C「ゾウさん!」

C「キリンさん!」

C「ウサギさん!」

 

キリンの体の特徴を確認する。

◆キリンの体の特徴を思い出すようにする。

◆絵に描くイメージが豊かになるに、表現を引き出す。

 

T「キリンさんは、どんな体だったかな?」

C「首が長い!」

C「足が細い」

T「そうだね。首が長くて、足も長くて、細かったね!」

T「キリンさん、どんな歩き方をしていたかな?」

T「キリンになって歩いてみましょう」

T「みんな、キリンさんがご飯を食べているところも見ましたね」

T「キリンさん、どのようにしてご飯を食べていたかな?」

C「木の上の葉っぱを食べていたよ」

T「よいところに、気がついたね」

T「葉っぱを食べているキリンさんを描いてもいいね!」

 

2.キリンを描く

キリンをかこう!(5歳児)保育の流れ1

キリンの絵を描くことを伝える。

◆描く目的を明確にすることにより、意欲を高める。

 

T「これから、『こんなことをしていたキリンさんがいたよ』と、お家の人に教えてあげる絵を描きましょう!」

C「長い首と、長くて細い足のキリンを描くよ!」

C「キリンのお母さんと、子どもを描くよ!」

T「では、今からキリンさんを描きましょう」

 

絵の具の使い方を確認する。

◆色が混ざらないようにする。

◆カップのふちで筆をしごいて、絵の具がポタポタと落ちないように伝える。

 

T「絵の具の筆は、同じ色のカップに入れてね」

T「筆を取るときは、ポタポタと絵の具が落ちないように、カップの端でしごいてね」

T「では、順番に絵の具を取りにいきましょう!」

C「はーい!」

 

絵の具で絵を描く。

○子ども達が、描いたキリンの姿や様子を言葉で紹介する。

T「わー、いろんなキリンさんがいるね」

T「大きな背高ノッポのキリンさんも、可愛いキリンさんもいるね」

T「体の模様がかっこいいキリンさんもいるね。」

C「首をもっと長―くしたい!」

T「曲げると長くなるよ!」

C「赤ちゃんのキリンさんも 描きたい!」

T「キリンの赤ちゃん、かわいかったね!」

T「お母さんも描いてあげようか?」

C「葉っぱのごはん、食べていたから、葉っぱも描きたい!」

T「キリンさん、きっと喜ぶよ!」

 

キリンをかこう!(5歳児)保育の流れ2

細かいところを描きたいときは、クレパスで描き加える。

◆キリンは絵の具で描き、それ以外はクレパスで描いてもよい。

 

3.みんなのキリンの絵を見る

キリンをかこう!(5歳児)保育の流れ3

◆互いの作品を鑑賞し合うことで、刺激を受けたり、活動をやり遂げた達成感を感じる。

 

T「いろんなキリンさんが出来ましたね」

T「みんなのキリンさんを見てみましょう!」

 

○友達の作品の良いところを見つける。

C「大きなキリンさんがいたよ!」

C「キリンさん、葉っぱ食べてる!」

C「家族のキリンさんもいる!」

T「そうね、いろんなキリンさんがいて、みんな楽しそうね!」

 

完成作品例

キリンをかこう!(5歳児)完成作品例1キリンをかこう!(5歳児)完成作品例2キリンをかこう!(5歳児)完成作品例3

鳥も飛んでるの。 キリンの模様、頑張ったよ!

ビューンって、走ってるよ。 みんな、仲良しなの。

ごはんを、食べているよ! 赤い実も、なってるよ!

キリンをかこう!(5歳児)完成作品例4

体の模様が、いっぱいになっちゃった。 とっても大きな、木があったよ!

保育者の声

●水を少なくした、とろとろ状態のたっぷりの絵の具を使ったので、絵の具の鮮やかさと筆のタッチの感触を味わいながら、キリンを描いていました。

 

●導入で、キリンが実際にどんな格好で歩いていたかなどを、動作化して楽しんだので、いろいろな動きのキリンを描くことができました。

 

●子ども達は、友達の工夫を見て、自分の絵にも取り入れていました。

 

●最後に、みんなの絵を鑑賞したことは、友達同士の交流になり、よかったです。

ここがいいね

●導入時に、動物園で見たキリンの様子を動作化したことで、いろいろな動きのキリンを表現することができました。

 

●また、動物園のキリンの様子をお家の人に教えてあげるという目的があるので、いろいろな動作のキリンを描くことにつなかったのですね。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:大阪児童美術研究会

協力園:わくわく夢アートやまじ(角地 佳子)

 

関連コンテンツ

観察画「ひつじ」(4歳児)行事画「動物園のヤギさん」(4歳児)観察画「ザリガニ」(5歳児) 

観察画「ひつじ」(4歳児)

行事画「動物園のヤギさん」(4歳児)

観察画「ザリガニ」②(5歳児)

 

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材