トップページ > 先生のためのページ > 寒天で遊ぼう

保育遊び,夏

寒天で遊ぼう

対象年齢:0歳児

 

寒天で遊ぼう(0歳児)

 

寒天で遊ぼう(0歳児)

目次

 

材料・用具

●食紅 ●たらい ●フードケース ●きゅうり ●プラスチック製玩具

 

●寒天
 

活動のねらい

●寒天の感触に興味を持ち、楽しんで遊ぶ。
 

事前準備

●寒天はあらかじめ、水でもどしておく。

 

●寒天は、透明のままのもの・食紅(赤、黄)を溶かして混ぜたもの・中にプラスチック製玩具・きゅうりを浮かべたもののなどを準備しておく。
 

保育の流れ

1.無色透明の寒天で遊ぶ

寒天で遊ぼう(0歳児)保育の流れ1

◆嫌がって触ろうとしない子どもには無理に触らせずに、そばに置くなどして働きかけて興味を持てるようにする。

 

○寒天を出し、子どもたちの遊ぶ様子を見守る。

T「見てみて。先生が寒天を持ってきましたよ」

T「どうやって遊ぼうかな?」

 

2.容器に入れたり乗せたりして遊ぶ

寒天で遊ぼう(0歳児)保育の流れ2

◆容器を出したことは伝えず、子どもたちが自ら気付いてどのように遊ぶのか見守る。

 

○ままごと用のプリンカップなどの容器をそっと出す。

 

3.色つきの寒天で遊ぶ

◆遊びの様子を見ながら、色つきの寒天を出し、どちらに興味を持つか、遊ぶ様子を見守る。

 

○色つきの寒天を出す。

 

4.中に玩具やきゅうりが入っている寒天で遊ぶ

寒天で遊ぼう(0歳児)保育の流れ3

◆色つきのものと中身が入っているもの、どちらに興味を持っているかなど、それぞれの興味・関心を見守る。

◆変化に気づいていない子どもには、そばに置いて気づけるように促す。

 

完成作品例

寒天で遊ぼう(0歳児)完成作品例1寒天で遊ぼう(0歳児)完成作品例2寒天で遊ぼう(0歳児)完成作品例3

月齢によっては、色の違いに気づける子もいた。

感触を楽しみ、握りつぶしたりする姿も見られた。

小さくちぎった寒天を容器に入れて遊ぶ姿も見られた。

寒天で遊ぼう(0歳児)完成作品例4

保育者の声

●無色透明・色つき・中身が入っているものをそれぞれ用意していたので、違いに気づきそれを楽しんでいた子がいた。

 

●中身にもっとたくさんの種類があっても良かった。

ここがいいね

●色々な感触遊びがありますが、特に寒天は素材感が乳児には好まれます。

 

●色と透明感、握るとパサパサとつぶれていく感触は最適です。

 

●甘い匂いに、より興味を持ちます。

 

●口に入れないよう配慮が必要ですね。

 

●衛生安全への配慮を忘れずに。

アドバイザー・協力園

アドバイザー:舟井 賀世子

協力園:八田荘第二こども園(淺尾 昭子)

 

関連コンテンツ

圧縮袋で遊ぼう(0歳児)高野豆腐で遊ぼう(0歳児)寒天遊びを楽しもう (1歳児)

圧縮袋で遊ぼう(0歳児)

高野豆腐で遊ぼう(0歳児)

寒天遊びを楽しもう (1歳児)

 

その他コンテンツ

保育園・幼稚園で使える保育のアイディアや小学校・中学校で役立つ情報一覧はこちら

 

先生のためのページへ

 

使用する教材

印は軽減税率適用商品になります。